面接前の企業研究はどこまでやるといいですか?良い進め方はありますか?

企業研究は面接前にどのくらいしておけば良いですか?

ユーザー名非公開

回答3

ユーザー名非公開1

どのくらいって定量的に表現できるものではありませんが・...

続きをみる
どのくらいって定量的に表現できるものではありませんが・・・ 面接で、なぜこの業界を志望したか、なぜその中で弊社を志望したか、弊社でどのような活躍ができると思うか、という質問はよく聞かれますので、それに答えられるだけの情報は収集しておかないと答えられないですよね。 私見ですが、 ・その業界が何をする業界か ・業界内の動向、ホットなテーマ ・志望する会社の業界内での立ち位置 ・そこが大手なら、会社の最近のニュース ・志望する職種の理解 くらいは調べておけば、難関の最大手以外なら十分かなとは思います。 私が今の会社に入るとき、会社説明会で隣に座ってた女子がノートをずっと見ていたのでチラ見したら、デスノードばりにびっちり業界研究の内容が書かれていました。あれはちょっと怖かったです。
ユーザー名非公開2

企業の公開情報からその企業の伸び代となる部分を割り出し...

続きをみる
企業の公開情報からその企業の伸び代となる部分を割り出して、 自分がやりたいことにその伸び代の部分を絡めて 「御社でこの部分に力を発揮したいです。」 と面接官を納得させられる口説き文句を言えるようになるまで。 、、、です。 数値や文言だけを覚えてお披露目するだけではなく、 得意な部分不得意な部分を割り出すだけではなく、 さらに一歩踏み込められたら、他の人より好印象になるかと。

とても参考になる意見が既に出ているので、別の観点から回...

続きをみる
とても参考になる意見が既に出ているので、別の観点から回答してみますね。 企業研究はあくまで、外部から見た情報です。面接で企業責任者が発する本当の情報を聞き出すことに勝ることはありません。両方大切なことだと思います。 何かの参考になれば幸いです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料