退職してからの転職は不利ですか?

離職してからの転職は不利ですか?

jobq2328127

回答13

ベストアンサー

在職中の転職活動のメリット 財政的な心配がない。 ...

続きをみる
在職中の転職活動のメリット 財政的な心配がない。 失業保全を使わずに済むし、社保年金も切れ目なくいられる。 デメリット 同時進行で集中できない方は不向き。 面接日程がつきづらく、時間がかかる。 (私の前職では有給が取れなかったので特に絶望的でした) 退職後の転職活動のメリット 前職からリセットした状態なので同じ職種か違う事をするか、じっくり考えられる。 エージェント等を活用して同時進行で面接を進める事ができる。 デメリット 給料がないので焦りが出る。 同時進行できるからこそ、複数の内定が出た時に方向性がブレやすい。 現職がまともな会社で在籍する事すら苦痛等でなく、面接日程立てやすいのなら在職中の転職活動が良いかと思います。
ユーザー名非公開1

「すぐにでも入社ほしい」みたいな案件だと有利になる可能...

続きをみる
「すぐにでも入社ほしい」みたいな案件だと有利になる可能性ありますが、 基本的に現職か離職かで採用側の目線はあまり変わりません。 ただ、3ヶ月以上離職していると理由は気になります。
ユーザー名非公開2

人物とスペックと経験次第なので、そこはあまり関係ないです。

ユーザー名非公開3

一般に不利です。 在職中は現職に残るというカードを持...

続きをみる
一般に不利です。 在職中は現職に残るというカードを持っているので給与や待遇について交渉の余地がありますが、一旦離職してしまえば相手はこちらが働かなければならないことを知っているので、簡単に言えば足元を見られます。 しかし、これは一般論であり、あなたが企業の立場から見て喉から手が出るほど欲しい人材である、または健康に問題があり離職して体を休めなければならない状況である、などでしたら離職しても問題はないと思います。
ユーザー名非公開4

人事目線ですと、内定提示後にすぐに入社できたり、現職在...

続きをみる
人事目線ですと、内定提示後にすぐに入社できたり、現職在籍者にたまにある退職交渉時に慰留されて内定辞退されるリスクがないことは魅力です。 求職者目線ですと、無収入で焦る気持ちに負けて、さほどやりたくない仕事だが内定でた企業に安易に飛びついてしまうリスクはありますね。 ご自身が心配性でナイーブな性格であれば、在籍中に転職先を決めたほうが精神安定して良いと思いますよ。
ユーザー名非公開5

中途採用担当ですが、なんで辞めたのかな?と勘ぐってしま...

続きをみる
中途採用担当ですが、なんで辞めたのかな?と勘ぐってしまいますね。 まぁ優秀な人であれば気になりませんが。

収入が無いことによって、焦って次の就職先を決めてしまう...

続きをみる
収入が無いことによって、焦って次の就職先を決めてしまうリスクが増えます。また、無職期間が2ヶ月以上と長い場合、面接で「何か事情はあるのですか?」と質問される可能性があがります。 個人的には、在職中に転職活動をして、決まってから現職に退職を伝える方が良いと考える派です。

転職者の心持ち次第です。 物理的な有利不利はありませ...

続きをみる
転職者の心持ち次第です。 物理的な有利不利はありません。 本人の気持ちが弱かったり、自分が築いてきた経験が薄っぺらい物なら、退職する前に転職を考えた方が良いでしょう。 自信が有れば全く気にする必要は有りません
ユーザー名非公開6

日系大手は無理。 中小企業は、理由次第。 外資は、...

続きをみる
日系大手は無理。 中小企業は、理由次第。 外資は、可。正し理由による。 スペックないなら、無理。 自己研鑽忘れずに
ユーザー名非公開7

エッチしてから付き合おうというのと付き合ってからエッチ...

続きをみる
エッチしてから付き合おうというのと付き合ってからエッチするくらい心証の違いは出るでしょうね。
ユーザー名非公開8

まあ人事も変わり者を採用する訳にはいかないからなあ、理...

続きをみる
まあ人事も変わり者を採用する訳にはいかないからなあ、理由が説明できればオッケー
ユーザー名非公開9

何をしてるかによる。何したいの?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料