人材業界への志望動機・自己PRの書き方とは?未経験でも利用できる方法の画像

人材業界への志望動機・自己PRの書き方とは?未経験でも利用できる方法

転職先として、人材業界をお考えの方は多いと思います。しかし、業界未経験から入るにはどうアピールすれば入社できるのでしょうか。そのポイントについて解説しています。人材業界が求める人材像を把握しておくことで、その対策を練っておきましょう。

人材業界が求める人材像とは?

人材業界がそもそもどんな人材を求めているのかを知る必要があります。人材業界は会社と求職者を結びつけるコーディネーターとしての仕事と、求人広告を獲得してくる営業の仕事とがあります。

どちらが求人されているかによって求められる人材像は大きく変わってきます。コーディネーターの仕事はどうでしょうか。

企業と求職者の橋渡し役となる仕事なので、他人を評価出来る人が求められます。業界未経験者でも、自己PRで、チームのリーダーとして役割りを決めた経験や、部下を評価する立場にあった人はこのコーディネーターとして入社出来る可能性があるでしょう。

求人広告を獲得する営業職は入社しやすい

人材業界でも、コーディネーターの仕事はやはり、実務経験がないとなりにくい傾向にありますが、営業であれば、話は変わってきます。

新規開拓の仕事なので、バイタリティがあり、コミュニケーション能力があると判断されれば、人材業界に入れる可能性があります。仕事内容は、求人広告を出すことを考えている会社にアポイントを取って、交渉し、掲載を決めてもらうという仕事です。

業界未経験者でも、
営業経験があれば十分対応可能な仕事と言えるでしょう。

人材業界に入るための志望動機は?

人材業界を入るに関して志望動機はどのように表現すればいいでしょうか。

コーディネーター職であれば「私は人と人を結びつけることに大きな魅力を感じます。他人の人生の深い部分に関わる事ができるからです。」というベースを持った方がいいでしょう。

コーディネーター職は企業のニーズと、求職者の人格を照らし合わせてマッチングへ導く仕事です。そこに魅力を感じていることを明記する必要があります。

営業職であれば「新規開拓の営業の中でも様々な業界の方を相手に出来ることに魅力を感じました。」と表現するべきです。

人材業界は、相手にする業界が多岐にわたります。そこに着眼点を置いたことをアピールしましょう。

人材業界に入るために必要な自己PRは?

では自己PRはどうすればいいでしょうか?コーディネーター職であれば「私には洞察力があります。」とアピールするのがまずは必要でしょう。

会社の求める人材像と、求職者のパーソナリティをマッチングさせなければ評価されません。洞察力をアピールする際には、それを発揮した具体的なエピソードも準備しておきましょう。

広告の営業職であれば「私にはバイタリティと交渉力があります」と自己PRするのがいいでしょう。求人広告の営業は、新規開拓がメインなので、他の業界より、タフネスが求められます。

ストレス耐性は自己PRしておくべきです。

人材業界の仕事の魅力とは?

人材業界の仕事の魅力を理解しておくことで、志望動機もだいぶ書きやすくなるのではないでしょうか?

そこで、ここでは実際人材業界で働いている方に聞いた、人材業界で働くことの魅力をご紹介します。

人材業界の魅力はどのようなところにあると考えていますか?

転職活動中で人材紹介の会社を検討しています。
人材業界で働かれている方は、その魅力はどこにあると感じていますか。

現在、メーカーで営業をしていまして、商品力やブランドイメージでなく、自分の知識や提案で勝負していける点が魅力的だなと感じていますが、面接を受けるに当たってそれだけの理由では弱いと思ったので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

人材紹介経験6年の者です。
人材紹介会社も、メーカー程まではいかないですが各社ブランドイメージがありますよ。
商品(求人量等)に違いもありますので、仰るように上記理由だけでは弱いと思います。

何故人材業の中でも紹介会社なのか?
人材紹介営業で成し遂げたい事は何か?(雇用、採用、人材育成等への課題感があるか)
このあたりを深堀りされるともう少し見えてくるのではないでしょうか。

その他にも、魅力に感じることは人材業界というのは非常に単価が高い業界です。

それ故に仕事の質も求められますし、やりがいを感じる方も多いです。
一つの案件で数百万単位でのお金の移動もありえます。

結果、仕事へのモチベーションが単価の高さやりがいへとつながっている方が多い気がします。
 

とのことでした。
人材業界は1つ1つの仕事の質が求められる業界であり、そこにやりがいを感じられる仕事だそうです。

是非1つの資料として参考にしてみてください。

最後に

人材業界と言ってもコーディネーター職と営業職とで、志望動機と自己PRは変えなければなりません。仕事内容が大きく違ってくるからです。

コーディネーター職は人と人をを結ぶ人材を求めています。営業職はバイタリティと交渉力がある人材を求めています。

業界未経験者でも入りやすい業界ではありますが、募集職種には注意が必要です。人材業界は営業職の募集が多いので、業界未経験者でも入りやすいです。

しかし、コーディネーター職を希望する人にとっては実務経験が問われるので、ご自身のご経歴を振り返る必要があるでしょう。人材業界は非常にやりがいの大きな業界です。応募する際には傾向と対策を練ってから応募しましょう。

 

この記事に関連する転職相談

建築業界が人材不足に悩ませられる原因は何ですか?

建築業界が人材不足というニュースを最近良く見ます。 建築業界は何故人材不足なのでしょうか。 よく見るのは若者から人気が落ちているということを見かけます。 大手ゼネコン等は待遇が良くて、福利厚生が整っていて… というイメージがあるのです...

人材業界は離職率が高いようですが、女性でも働きにくいですか?

人材業界への転職を検討しているものです。 良く調べてみると、人材業界は離職率が非常に高いという情報を良く目にします。 それは一体何故なのでしょうか? やはり、ワークライフバランスが整っていない企業が多いということからでしょうか。 そう...

商社は未経験でも転職することができる業界ですか?

現在、人材業界で働いているものです。 人材業界の営業職として働いているのですが、この業界から商社へ転職することを検討しています。 既に7年働いており、元々就職活動時から就職することを検討していた商社へ転職をしたいと考えています。 現在...

ブラック企業でない企業に採用されるためには、どんな人材になる必要がありますか?

ブラック企業は今後どんどん増加していくと思っています。 ブラック企業が無くならない理由はブラック企業でないところに採用をもらえず、仕方なくブラック企業に勤めている方が大半だと思います。 そこで質問なのですが現在学生で、今後就職する時...

航空業界で求められる人材は?

大学生女です。航空業界で働きたいと思っています。 しかし、JALやANAなどをはじめ、航空会社は人気で倍率がかなり高く、自分がその倍率をくぐり抜けられるか不安です。 そこで、航空業界で働いたことのある方、周りに働いている人がいる方にお聞きしま...

オリンピック終了後も人材業界って将来性がありますか??

オリンピックまでは人材業界は安寧だと言われていますが、 オリンピック後はどうなるのでしょうか? オリンピック後の人材業界についての将来性についてをお聞きしたいです。 現在、就職活動中で人材業界の会社から内定を頂いています。 でも、オ...

人材業界はハードワークですか?

人材業界はハードワークですか?

人材業界は営業未経験でも、転職しやすい業界ですか?

転職先として人材業界を検討しているものです。 今まで、営業事務として他業界で働いていました。 今回は会社の人事異動に伴い、関東を離れることがどうしても嫌なため。 転職を検討しています。 そこで、転職先を探しているのですが、エージェン...

人材業界で長く勤めるのは難しいですか。

人材業界で長く勤めるのは難しいですか。

人材営業と広告・メディア営業とではどちらのほうがきついんですか?

就職活動中の学生です。 現在、大手人材会社と、大手web広告会社から営業職として内定を頂いています。 どちらもノルマが厳しく仕事がきついということを聞くのですが。 実際に広告・メディアの営業と人材営業とではどちらのほうがノルマが高く設定...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー