【出向は辛いのか】キャリアアップのためにつなげる方法を解説の画像

【出向は辛いのか】キャリアアップのためにつなげる方法を解説

テレビドラマなどで「出向」という言葉を耳にする機会があります。マイナスなイメージが強い言葉ですが、出向することで新しく得られるスキルもあるのが事実です。また、その人の能力というよりむしろ会社の事情で出向させられることもあります。今回は出向の意味や目的について解説します。

388

出向とは?転勤や異動との違いは?

「出向」は、普段生活をしていく上では耳にすることがありません。

人事異動シーズンともなれば、耳にすることもあるかもしれませんが、聞いた時のイメージとしては多少マイナスイメージがあります。

それは出向が、左遷や降格、または転勤や異動といった、どうしてもマイナスイメージにある言葉との違いを、詳しく理解いないためではないでしょうか。

今回は、この「出向」とはどの様な意味であるか、他の言葉との意味の違いとあわせて解説していきます。
 

出向とは

まずは、「出向」という言葉についてご説明します。出向とは「待遇などを含めた雇用契約は元のところに置いたまま、他の職場で勤務につくこと」を言います。

つまり、給与の支払いや福利厚生などについては、出向元である企業(または役所)のままで、実際の日々の業務を行うのは出向先の企業(または役所)という状態にあることを出向と言います。

就業規則など、業務に属する決まりごとについては、基本は出向先に準じる必要があります。
 

出向には在籍出向と転勤出向がある

上記で説明した「出向」の意味は一般的な出向であり、「在籍出向」とも呼ばれます。「在籍出向」以外に「転勤出向」という形態も、稀にではありますが存在します。

この転勤出向と在籍出向との違いは、出向後の雇用元がどこであるかという点が違います。在籍出向の場合には、出向後も雇用は出向元にあります。

一方、転勤出向の場合には、出向後は雇用も出向先に変わります。在籍出向の場合は、ある一定の期間が経てば出向元の職場に戻ることができます。もちろん、そういった約束を取り付けた上で、出向を了承する社員も少なくありません。

ですが、転勤出向の場合には、出向元の職場に戻るということはありません。
 

転勤や異動や派遣との違い

出向と「転勤」「異動」「派遣」とのそれぞれの違いもご紹介しましょう。

「転勤」は、同じ企業内ですが働く場所が他の地域に変わることを示します。

例えば、本社から支社へ移る場合など、基本は引越しを伴う異動が転勤にあたります。雇用形態なども全て変わることはありません。

「異動」とは、同じ企業内で部署だけが変わることを指します。基本的には、引越しを伴うようなことはなく、雇用形態や就業規則にも変わりはありません。

最後に「派遣」について、ご説明します。派遣とは、まず雇用契約は派遣元の企業にありながら、派遣依頼先での業務を行います。

これだけ見れば出向と同じように思われますが、派遣の場合は就業規則なども派遣元企業に準じます。

例えば、残業規定や出社時間など、出向の場合は出向先のルールに従わなければいけませんが、派遣は出向先とズレがあったとしても守るのは派遣元企業のルールに従えば良いのです。

関連相談

出向は辛い?マイナスイメージがある理由は?


出向という言葉にはマイナスイメージがあるとご紹介しました。

では、出向が辛いと言われているマイナス点はどのような内容があるのでしょうか。
 

出向先が自分に合わないことがある

出向先を自分で選べれば良いのですが、実際にはそんなことはありません。出向先は、あくまで人事上で指示された場所へ赴くことになります。

自分としても、せっかくやりたい仕事を求めて選んだ職場なのに、突然出向を言い渡されても納得がいかないという人もいるでしょう。実際の業務に関しても、出向先と同じ職種だったとしても、職場が変わればルールが異なることは当然あります。

それに慣れるまで、または慣れずにやっぱり合わないと感じる人も多いようです。
 

働き方や生活が変わる

勤務先が変わったということは、例えば朝の家を出る時間・通勤に要する時間なども全て変わってきます。当然と言えば当然ですが、そのような変化から、自分の全体的な生活リズムにも変化が生じます。

朝の出社時間、通勤時間の長さ、夜の帰宅時間など、それらに慣れるまでには体への負担も含めて辛いと感じることがあるでしょう。
 

待遇が変わる可能性がある

給与などの待遇は出向先のままとは言え、仕事内容や働き方が変われば、細かい数値の中で変化が出てくるのは当然です。給与が増えるのであれば問題ないと思いますが、減るという可能性もあるのです。

多少の誤差範囲であれば受け入れる必要性もあるかと思いますが、大幅な低下の場合には無理せず早めに申し立てるようにしましょう。

関連相談

出向は辛いだけではない?メリットは?


出向に対するデメリットについてお話しました。ですが、決して出向はデメリットだけが目立つものではありません。

出向には出向だけの独特なメリットというのも当然あります。ここでは、出向を行うことで考えられるメリットについてご紹介します。
 

新しいスキルが身に付く

職種としては出向先と同じであったとしても、異なる新しい職場での経験は、新たに吸収できることが多々あるものです。生産性を上げる業務の進め方や、新しい発想など、新たに得られるスキルを吸収できるチャンスでもあります。

積極的に新しい空気を取り入れることで、出向先の企業へ戻ったときには、更に頼れる戦力として活動できる可能性が高いと言えるでしょう。
 

人脈が広がる

実際に働く職場が変わるということは、新しい人間関係のスタートであるとも言えます。今までに関わったことが無いようなタイプの人との繋がりもできるかもしれません。

人間関係が多様化することでストレスを感じる人も居るかもしれませんが、出向という形であれば、期間限定と割り切ることで肩の力を抜いたお付き合いもできるかもしれません。

業種に関わらず、仕事を進めていく上では人間関係は重要なポイントです。ぜひ人脈を広げるとともに、ビジネスチャンスも広げるきっかけにして頂ければと思います。
 

評価が上がる可能性がある

新たな職場で今までの力がどれだけ通用するか、これは自分の能力を試すということでも絶好のチャンスと言えるでしょう。同じ職場で働き続けていると、ついつい自分の成長を感じるチャンスは少ないものです。

異なる職場で自分の力を改めて認識し、その結果、良い評価につながる可能性は十分に有り得ることです。自分自身の自信にも繋がりますので、ぜひ前向きに捉えて頂きたいと思います。

関連相談

出向で処遇が良くなるケースとは?


今度は、処遇が良くなるケースについても具体的にご紹介していきたいと思います。
 

教育や人事戦略の場合

若手社員の教育訓練の場として、出向を行うケースがあります。これは主に、子会社や取引先などに出向させて、勉強や研修を積ませる事です。

様々な経験は、若手社員の新たなステップアップや見解の広めるという点でもとても重要です。

また、同企業グループ内での人事戦略における出向というケースもあります。例えば、買収した企業や子会社などに、本社から責任者を出向させることで、本社のルールを根付かせることを目的としています。

この様な社員の教育や、企業グループ内の戦略に基づいた出向というケースがあります。
 

出向先の強化や雇用維持の場合

業績や人事再建に伴う出向というケースもあります。例えば、支店や支社で業績が悪化しているためにそれを立て直す場合や、リストラなどを考えたがすぐに解雇が出来ない場合です。

この場合、それぞれでの立て直しや調整が行われた時点で再度見直すこともできますので、スムーズに物事を進めることができます。

関連相談

まとめ

出向が辛いというマイナスイメージについて、各要点をまとめ解説しました。

マイナスイメージに捉えがちな出向ですが、マイナスばかりでは無くプラスのメリットもあることを認識して頂けましたでしょうか。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事に関連する転職相談

人事担当者が落とそうと思う応募者で身だしなみに特徴はありますか?

人事担当者として携わってる方々へ質問です。 応募者との選考で面接を行った際、 "こいつ絶対、すぐに落とすためにお祈りメールを送って不幸にさせたい" と思う応募者の特徴としてどういうことが挙げられますか? 身だしなみ、言動に着...

人事部の人が会社説明会に来た学生の情報を他人に見せても問題ないのですか?

人事の仕事に詳しい方教えて下さい。できれば大企業などのしっかりした会社の人事で知見のある方。 先日居酒屋で、どこかの会社の人事部の人が、自分の友人に会社説明会に来た大学生の名簿(名 前、大学名、学部名)を見せていました。 問題ない行動で...

未経験で総務や人事に転職することは難しいのでしょうか?

美容師4年→新規営業3ヶ月(退職済み)の 現在無職の24歳です。 どこのエージェントに行っても 薦められるのは営業・販売、接客・IT… 実務未経験ですが総務や人事で働きたいです。 もう諦めるしか他に無いんですか… 先が見えません、毎日がつら...

神奈川で事務・人事・総務への転職に強い転職エージェントはどこですか?

神奈川で面談可能な 事務、人事・総務案件に 強い転職エージェント教えて下さい 出来れば実体験も 未経験ですが、法人営業から バックオフィス目指しています

美容師経験者が美容室の事務や人事に転職することは難しいですか?

新卒から4年間、美容師をしていた者です 9月いっぱいで辞めて今は無職です。 現場で働くのは体調面(腰痛や手荒れ)で 退職をしたので、現場にはしばらく戻れません ですが美容室は好きで人のサポートをする 仕事に就きたいなと思い、美容室の本社の ...

美容師と営業職をした経歴では人事に転職することは難しいですか?

美容師を新卒から4年間経験し 今年に入り3ヶ月だけ法人営業しました。 100%飛込みだったのと、何より 上司が俗に言うパワハラで精神的に 追い込まれ辞めてしまい、現在無職です。 希望としては、未経験ですが人事職に 挑戦したいと思ってますが ...

第一志望だと嘘をつくことに罪悪感を感じるのですがどうすべきですか?

第二志望の企業の人事の方に、口頭で御社は第一志望だと嘘をつくのに罪悪感を感じます。どうしたらよいでしょうか。

ビジネス系のSNSで企業の人事とやりとりでのマナーはありますか?

質問です。 ビジネスSNS(wantedly,linkedinなど)で企業の人事とやりとりをする際のマナーはなんでしょうか。

内定後の人事の態度が苦手なのですがこの先大丈夫でしょうか?

4月から入社する会社の人事が、内定を承諾したとたん態度が威圧的になり、とてもコミュニケーションがとりにくいです。 しかも、入社手続き等の書類関係の連絡担当が統一されておらず、3人の人事から違う連絡がきたりします。 なんだか不安になって...

評判の良い大企業では人事と運営の印象は別物ですか?

世間からの評判も良く、そこそこ大企業の面接をうけたのですが、人事の印象が最悪でした…。2人中2人が約束の時間に遅れる、そのことについて説明もない、1人は居眠りをし始める、給与面について質問しても『上に聞かないと分からない』(言えないのであれば...

この記事に関連する記事

【人事コンサルタントの資格とは】やりがいや激務かどうかも解説

近年大きく就活や転職で人気を博しているのが「コンサルタント」です。皆さんも耳にしたり、実際にお世話になったりすることがあるのではないでしょうか。様々な知識と経験が求められるのが...

【懲戒処分と出勤停止】具体的な内容や法律上の扱いについて解説

会社の指示に従わなかった場合、懲戒処分を下されて自宅謹慎を言い渡されることもあります。その間はもちろん賃金が支払われないため、重い処分ということができます。この記事では、自宅謹...

懲戒処分でも昇進は可能か|具体的な内容や影響についても解説

会社のルールに従わなければ、もちろん「懲戒処分」という決断を下されてしまうことがあります。懲戒処分は従業員にとっても重いものであり、再就職が困難になってしまいます。しかし同じ会...

【栄転と左遷】実際に役立つお祝い文の書き方も含めて詳しく解説

会社での人事異動やそれに伴う転勤の際、お祝い文を送らなければいけないような状況になることもあります。しかし「栄転」と「左遷」を間違えてしまうことは、絶対に許されません。この記事...

【総務と人事】仕事内容の違いや必要なスキルを詳しくご紹介

総務部と人事部は、どの企業にも必ずある部署ですよね。人事部と総務部が合体した「人事総務部」があるという企業もあるでしょう。では、総務と人事の違いを正しく理解できているでしょうか...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー