• HOME
  • キャリア
  • 【出向は辛いのか】キャリアアップのためにつなげる方法を解説

【出向は辛いのか】キャリアアップのためにつなげる方法を解説

テレビドラマなどで「出向」という言葉を耳にする機会があります。マイナスなイメージが強い言葉ですが、出向することで新しく得られるスキルもあるのが事実です。また、その人の能力というよりむしろ会社の事情で出向させられることもあります。今回は出向の意味や目的について解説します。

1182

出向とは?転勤や異動との違いは?

「出向」は、普段生活をしていく上では耳にすることがありません。

人事異動シーズンともなれば、耳にすることもあるかもしれませんが、聞いた時のイメージとしては多少マイナスイメージがあります。

それは出向が、左遷や降格、または転勤や異動といった、どうしてもマイナスイメージにある言葉との違いを、詳しく理解いないためではないでしょうか。

今回は、この「出向」とはどの様な意味であるか、他の言葉との意味の違いとあわせて解説していきます。
 

出向とは

まずは、「出向」という言葉についてご説明します。出向とは「待遇などを含めた雇用契約は元のところに置いたまま、他の職場で勤務につくこと」を言います。

つまり、給与の支払いや福利厚生などについては、出向元である企業(または役所)のままで、実際の日々の業務を行うのは出向先の企業(または役所)という状態にあることを出向と言います。

就業規則など、業務に属する決まりごとについては、基本は出向先に準じる必要があります。
 

出向には在籍出向と転勤出向がある

上記で説明した「出向」の意味は一般的な出向であり、「在籍出向」とも呼ばれます。「在籍出向」以外に「転勤出向」という形態も、稀にではありますが存在します。

この転勤出向と在籍出向との違いは、出向後の雇用元がどこであるかという点が違います。在籍出向の場合には、出向後も雇用は出向元にあります。

一方、転勤出向の場合には、出向後は雇用も出向先に変わります。在籍出向の場合は、ある一定の期間が経てば出向元の職場に戻ることができます。もちろん、そういった約束を取り付けた上で、出向を了承する社員も少なくありません。

ですが、転勤出向の場合には、出向元の職場に戻るということはありません。
 

転勤や異動や派遣との違い

出向と「転勤」「異動」「派遣」とのそれぞれの違いもご紹介しましょう。

「転勤」は、同じ企業内ですが働く場所が他の地域に変わることを示します。

例えば、本社から支社へ移る場合など、基本は引越しを伴う異動が転勤にあたります。雇用形態なども全て変わることはありません。

「異動」とは、同じ企業内で部署だけが変わることを指します。基本的には、引越しを伴うようなことはなく、雇用形態や就業規則にも変わりはありません。

最後に「派遣」について、ご説明します。派遣とは、まず雇用契約は派遣元の企業にありながら、派遣依頼先での業務を行います。

これだけ見れば出向と同じように思われますが、派遣の場合は就業規則なども派遣元企業に準じます。

例えば、残業規定や出社時間など、出向の場合は出向先のルールに従わなければいけませんが、派遣は出向先とズレがあったとしても守るのは派遣元企業のルールに従えば良いのです。

出向は辛い?マイナスイメージがある理由は?


出向という言葉にはマイナスイメージがあるとご紹介しました。

では、出向が辛いと言われているマイナス点はどのような内容があるのでしょうか。
 

出向先が自分に合わないことがある

出向先を自分で選べれば良いのですが、実際にはそんなことはありません。出向先は、あくまで人事上で指示された場所へ赴くことになります。

自分としても、せっかくやりたい仕事を求めて選んだ職場なのに、突然出向を言い渡されても納得がいかないという人もいるでしょう。実際の業務に関しても、出向先と同じ職種だったとしても、職場が変わればルールが異なることは当然あります。

それに慣れるまで、または慣れずにやっぱり合わないと感じる人も多いようです。
 

働き方や生活が変わる

勤務先が変わったということは、例えば朝の家を出る時間・通勤に要する時間なども全て変わってきます。当然と言えば当然ですが、そのような変化から、自分の全体的な生活リズムにも変化が生じます。

朝の出社時間、通勤時間の長さ、夜の帰宅時間など、それらに慣れるまでには体への負担も含めて辛いと感じることがあるでしょう。
 

待遇が変わる可能性がある

給与などの待遇は出向先のままとは言え、仕事内容や働き方が変われば、細かい数値の中で変化が出てくるのは当然です。給与が増えるのであれば問題ないと思いますが、減るという可能性もあるのです。

多少の誤差範囲であれば受け入れる必要性もあるかと思いますが、大幅な低下の場合には無理せず早めに申し立てるようにしましょう。

出向は辛いだけではない?メリットは?


出向に対するデメリットについてお話しました。ですが、決して出向はデメリットだけが目立つものではありません。

出向には出向だけの独特なメリットというのも当然あります。ここでは、出向を行うことで考えられるメリットについてご紹介します。
 

新しいスキルが身に付く

職種としては出向先と同じであったとしても、異なる新しい職場での経験は、新たに吸収できることが多々あるものです。生産性を上げる業務の進め方や、新しい発想など、新たに得られるスキルを吸収できるチャンスでもあります。

積極的に新しい空気を取り入れることで、出向先の企業へ戻ったときには、更に頼れる戦力として活動できる可能性が高いと言えるでしょう。
 

人脈が広がる

実際に働く職場が変わるということは、新しい人間関係のスタートであるとも言えます。今までに関わったことが無いようなタイプの人との繋がりもできるかもしれません。

人間関係が多様化することでストレスを感じる人も居るかもしれませんが、出向という形であれば、期間限定と割り切ることで肩の力を抜いたお付き合いもできるかもしれません。

業種に関わらず、仕事を進めていく上では人間関係は重要なポイントです。ぜひ人脈を広げるとともに、ビジネスチャンスも広げるきっかけにして頂ければと思います。
 

評価が上がる可能性がある

新たな職場で今までの力がどれだけ通用するか、これは自分の能力を試すということでも絶好のチャンスと言えるでしょう。同じ職場で働き続けていると、ついつい自分の成長を感じるチャンスは少ないものです。

異なる職場で自分の力を改めて認識し、その結果、良い評価につながる可能性は十分に有り得ることです。自分自身の自信にも繋がりますので、ぜひ前向きに捉えて頂きたいと思います。

出向で処遇が良くなるケースとは?


今度は、処遇が良くなるケースについても具体的にご紹介していきたいと思います。
 

教育や人事戦略の場合

若手社員の教育訓練の場として、出向を行うケースがあります。これは主に、子会社や取引先などに出向させて、勉強や研修を積ませる事です。

様々な経験は、若手社員の新たなステップアップや見解の広めるという点でもとても重要です。

また、同企業グループ内での人事戦略における出向というケースもあります。例えば、買収した企業や子会社などに、本社から責任者を出向させることで、本社のルールを根付かせることを目的としています。

この様な社員の教育や、企業グループ内の戦略に基づいた出向というケースがあります。
 

出向先の強化や雇用維持の場合

業績や人事再建に伴う出向というケースもあります。例えば、支店や支社で業績が悪化しているためにそれを立て直す場合や、リストラなどを考えたがすぐに解雇が出来ない場合です。

この場合、それぞれでの立て直しや調整が行われた時点で再度見直すこともできますので、スムーズに物事を進めることができます。

まとめ

出向が辛いというマイナスイメージについて、各要点をまとめ解説しました。

マイナスイメージに捉えがちな出向ですが、マイナスばかりでは無くプラスのメリットもあることを認識して頂けましたでしょうか。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本記事の初回公開日は2019年05月30日です。

この記事に関連する転職相談

SEとしてキャリアアップするにはどんな経験が必要ですか?

現在大学四年生です。 SEとしてのキャリアを歩むにあたり、転職などで重宝されるのはより上流の工程を経験してきた人なのでしょうか?

働くことってなんなんでしょうか?

働くことってなんなんですか? 派遣や、パートで働いていても、表面上契約期間が終われば否応無く辞めさせられる。 必死に働いていても、派遣先の会社で歳下の第2新卒にバカにされ、お客には頭を下げて...

自分の「やりたいこと」はどうやったら見つけられるんでしょうか?

自分の「やりたいこと」ってどうやったら見つけられるんでしょうか?

ヤフーと楽天のエンジニアから内定をもらっているのですが、オススメは?

ヤフー、楽天からエンジニアの内定を得ました。 この二つだとどちらが成長できますか?また、どちらに行きたいですか?

32歳ですが、本当にやりたいことをどのように探せばいいでしょうか?

32歳で本当にやりたい仕事がわからなくなり困ってます。 皆さんはどうやって就職や転職しましたか? 飲み会には誘われますが、友達に会社を辞めたことを話していないので行けないのが辛いです。 将来は...

昇進しやすい、する人が多い業界は、どんな業界ですか?

大企業で昇進できる割合は? メガバンクでは、1000人入社する同期のうち、管理職に昇進できるのは30人で溢れた人は出向させられる、 という記事を読んだことがあります。 他の企業でも似通...

アプリ開発の企画に関わる人のキャリアプランはどうしたらいいですか?

【アプリ開発企画】について アプリ開発の企画に関わる仕事がしたいと思っております。具体的には顧客の要望を聞いてからある程度形を提案し、エンジニアと繋ぐ、またアプリ自体をよりよいものにバージョン...

携帯の販売スタッフからどのようなキャリアを築けますか?

私は現在、携帯販売スタッフをしています。 提案型販売やクレーム対応には一応のスキルがあると思っていますが、実際携帯販売はノルマノルマノルマ……。 8年間勤めて始めて心身共に限界が来てしまいま...

ジム勤務か、フリーのパーソナルトレーナーになるか悩んでいます

初めまして、ジムに勤めている25歳男のパーソナルトレーナです。 今、フリーのパーソナルトレーナーになるか迷ってます、、、 というのもジムに勤務していると、メインのトレーニング講師業務...

NTTデータのSEとしてグローバルに働くにはどうしたらいいですか?

現在就活中の情報系の大学三年生です。 SEとしてNTTデータに仮に入社した際、ゆくゆくはPMなどになっていきたいと思っているのですが、PMになってからのキャリアが想像できません。また、若いうち...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す