エネルギー業界と水道事業の就職と現在の仕組み そしてその世界の画像

エネルギー業界と水道事業の就職と現在の仕組み そしてその世界

エネルギー業界や水道業界に就職するためのノウハウはあるのでしょうか。エネルギー業界の仕組みや将来性、エネルギー業界の採用基準など、就職活動をしている方には必見の記事となっています。エネルギー業界や水道事業業界への就職情報が満載です。就職活動前に、是非一読を。

エネルギー業界の仕組みと義務の認識

エネルギー産業として含むものは、電力とその原材料となるガス・水力・石炭・メタンハイドレート・海水・バイオマス等が挙げられます。

それらの原材料を活かし、市民生活を豊かにしてくものがエネルギー産業です。

そして、工場や設置などに電力を供給するBtoBの事業枠もあります。

エネルギー業界は日本国内に資源の乏しいこともあり、加工輸出型貿易とは違いますが、
純国内消費産業、要するに内需産業です。

そのため、内需が拡大すれば、輸入量も増えます。
また、原材料を購入するのに、現地での産物の資源の確保。

そして、その他国列強との権益獲得など、国家の枠組み以外にも考えなければならない問題があります。

その上でのエネルギー産業を考えるには、日本が失敗を起こした太平洋戦争の窮乏の時期より、
戦後の復興という事に、いかに日本がエネルギー産業を盛り上げていったかと言う歴史認識も必要です。

その上での社会インフラとして、水道を含めたライフラインとしての事業があります。
就職生は学ぶべきです。

水道事業の仕組みとその責任事業

エネルギー業界の枠の中に、水力発電というものがあります。

それはダム開発から始まり、市民用には水道水、そして工業用には工業用水を配管によって、
地下に埋設したところから、そして蛇口からきれいな飲める水が出てくるわけです。

水道事業は、エネルギー産業とセットにすることで、
日本は電力と飲み水を両方享受できました。

そして、日本が雨に恵まれていたことと、衛生基準としても徹底的に鍛え上げた結果、
水道水のおいしさがあるのです。

技術革新と改善のたまもので、社会的インフラの中で超重要とされる、
飲み水の提供がすべてに日本全土の中で行われています。

命を繋ぐ意味もありますし、医療としては衛生基準としての洗浄用の水。

そのほか、水を使ってする他の事業の枠組みは多数存在し、
水なしでは生活も、仕事もできないということです。

その環境を提供する意味においての就職生の意義を認識してください。

エネルギー業界への就職についてと意義

エネルギー業界への就職は、安定性と言われます。

確かに、需要は国内需要として消化される消費者がいつもいます。

ですが、たとえば、エネルギー産業の中でいつも問題になっている余剰電力の問題など、

そして、原材料燃料の枯渇問題、そしてベストマッチをと言われれる、電力産業におけるスマートグリッドの開発など、
公益インフラ事業としては、無駄にしないエネルギー産業についていつも考えています。

そして、排出量として問題になる、副次的な気体廃棄物。国際協定問題にもなる事柄です。

ですので、エネルギー業界に就職するに当たっては、みずからの生活の安定もさることながら、
国全体としての、そして国際的な枠組み中でのエネルギー産業ですので、その一担当員としての仕事も、
その全体の中のひとつの仕事と認識してもらう必要があります。

勉強することはエネルギー産業従事者としてはいつもある訳です。
水道事業の担当としても、同じことです。

水道事業への就職についてとその意義

水道事業への就職は準公的な職員になるということです。

水道事業に公的な介入があるのは当然のことで、
社会的インフラの中でも、人命の確保と、衛生基準上の国家運営に関して、
水道水の確保や、水源・ダム・河川の水の管理は、国家系が扱う仕事です。

そして、その外枠には、工業用水としての飲用・非飲用があります。

そして、その別個の領域に水道の水源でのエネルギー業界としての発電があります。

水道インフラは、利用する市民や業界からの利用料を取っています。
そして、その金額で、水道設備・施設の管理・運営・改善・革新が行われます。

よって、水質調査や、漏水の確認などは、利用料の一部から出ています。

そして、マクロな視点で言えば、貴重な国家の保有する水資源の管理という事と、
それをもったいないという意味で運営していく事業としての水道があります。

社会的インフラ産業のこれから

社会的インフラ産業は、いわば諸刃の剣と言われる産業です。

資源の乏しいと言われる日本で、為替相場や、
エネルギー業界の縄目であるエネルギー原材料の高騰は急を要する問題です。

そして、水道と言えども、天変地異によるインフラの破たん等により、
一時給水停止になることは、水道事業としても問題に感じなくてはなりません。

そこには、エネルギー事業として、利用料を払ってもらっているから仕事をするという意識以外に、
全国民の命の保全とそして安全を守る責務と言う観点が同時になくてはならない事です。

エネルギー事業としても、そこにある事業の意味合いだけではなく、
社会インフラを作り、保全し、健全経営をしていくということは、それだけの社会的責任を帯びることであり、
そして自らもその家族もそれを利用する利用者だという意味は重要です。

そういったエネルギー産業に従事するうえでの就職生はおさえるべきポイントです。

この記事に関連する転職相談

直接応募をしていない企業に直接応募しても採用を検討されるんですか?

3年前ある人気企業を受けて、キャリア採用試験を受けて最終面接で落ちたのですが、その後2年間、その募集が続いて今はしていません。しかし最近ネットで転職検索していると、その人気企業が人材会社にその職種を外部委託し、その募集をしています。またエ...

リファラル(縁故)採用で注意するべきことは何でしょうか?

私の知人に紹介された会社への転職を決定したものです。 いわゆる縁故での転職となるのですが、このように紹介で転職が決まった場合、 注意しておくねきことはありますか? 事前に注意しておくべきことや入社後にも注意しておくべきことなど、ござい...

2019年の就活のスケジュールは転職活動にも影響しますか?

来年の春の採用で転職を考えています。 よく2019年の就活は去年より早めに準備した方が良いと聞きますが、 それって転職活動の採用にも影響しますか? 初めて転職活動をするので、どなたか教えてください。

第二新卒で採用された方はどのようなことを気をつけて選考に臨んでいましたか?

第二新卒で採用された方はどのようなことを気をつけて選考に臨んでいましたか?

転職活動で内定を貰える人と貰えない人との差って何ですか?

現在転職活動中です。 色々な人の話を聞いたりしながら、転職活動を進めていますが、 何社受けてもなかなか決まらない人と、すぐに内定がもらえる人の、大きな差ってなんでしょうか? 毎回、受ける会社のニーズに合わせて自己PRを変えたり、志望動...

ヘッドハンティングってどういうタイミングでされるのでしょうか?

ヘッドハンティングってどういうタイミングでされるのでしょうか?あまりよくわかっていなくて何を質問すればよいのかわからないのですが、例えばオフィスでバリバリ活躍している所を他の会社のお偉いさんが見かけて、名刺交換とかして連絡取り合う形なの...

理系三年生で院進学を考えていますが、インターンは参加した方が良いですか?

現在理系大学三年生です。院進学を考えているのですが、一応様子見でインターンには参加しておいた方がよいでしょうか?

長期や短期のインターンをすることのメリットは何ですか?

大学1年生です。 周りの何人かがインターンに向けて、準備を始めているようです。 調べてみると1dayや3daysなどもあれば、長期のインターンもあるようなのですが、 それぞれのメリットは何があるんでしょうか? 個人的には、長期の方が様々な経験...

亜細亜大学から大手企業に就職することは可能ですか?

文系、高校三年生です。 幼い頃から芸能活動をしており、来年亜細亜大学への進学を考えています。 大学四年間を通して、芸能活動が花開かなかった場合には芸能の道から引退して、一般の企業へ就職を考えていました。 しかし、亜細亜大学の就職実績や、...

現在、中途採用を積極的に展開している業界はありますか?

中途採用を積極的に展開している業界はありますか? 現在、派遣で働いているのですが、契約が来月で切れるため転職活動を初めています。 積極的に展開している業界がありましたら、 どういった業界が積極的に展開しているのかを知りたいです。 理...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー