• HOME
  • 転職
  • 転職活動の企業説明会で誰かと仲良くなることもありますか?

転職活動の企業説明会で誰かと仲良くなることもありますか?

116

転職活動中のものです。
こないだ企業の説明会に行ったときにグループディスカッションのアイスブレイクのようなものをがあり、そこで同じグループになった人と非常に意気投合しました。

同じエンジニアだったこともあり話が弾んで説明会の後一緒にご飯に行き、普段なかなか転職のことを話せる機会がなかったので結構盛り上がりました。

皆さんはこういうことってありますか?
個人的には他にも同じ転職活動中の人たちと話をしたら結構気づきがあるなーと思ったんですがなかなかそういう機会もなくて、なんとなくここに書き込みました。

相談というよりは雑談になっているかもしれませんが、皆さんも似たような経験あったら教えてくださいませんか?

よろしくお願いいたします!

転職転職活動企業研究企業説明会

dodafair1010

回答3

小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...

続きをみる
小さな会社を経営しております。プログラマーです。 小さな接点で意気投合することができるのは一種のスキルですので、いいことですね。 このあいだマイクロソフトとウォルマートが共同でエンジニアを集めてリクルーティングのイベントを開いていて、知り合いがFacebookで紹介してたので行ってみました。独立してる身としては「転職してね!」っていう目的が露骨なイベントはなんだか居づらい場ではありましたが、そこそこ大規模なものでしたので、確かに人が採用できたりするんだろな、とは思いました。 大きな会社ではちょくちょくエンジニア向けのリクルーティングのパーティはあるみたいですね。(そういうのがあるんだ・・程度にしか理解してませんが) エンジニアを採用しようとするとき、個々人のスキルを測定してバラバラに評価する採用プロセスより、自然に意気投合するような人たちの仲良しクラスターをまるごと採用するのは合理的な感じがします。それこそがコミュニケーションスキルを評価するということではないか、ということです。現在パーティ・イベントを開く会社がそこに気づいてるようには見えませんが、新しい可能性はありそうです。

個人的には他の求職者と接点のある場には行きませんが、こ...

続きをみる
個人的には他の求職者と接点のある場には行きませんが、これからもっとオープンな世界に変わっていくんでしょうね。タニタがやっていますが個人事業主みたいな人が増えたり、クラウドワーカーみたいな形が増えたりするんでしょうか。
ユーザー名非公開1

よくわからないのですがグループディスカッションを定期的...

続きをみる
よくわからないのですがグループディスカッションを定期的にしている会社にはいるとグループディスカッション担当になりますよね。 楽しいことはいいことだし視野も広がるのは嬉しいことだと感じます。 おそらくこの先は人を引きつけるエンジニアとして社内ブログを更新したりしてどんどん技術力を発信していく側に変わるのではないでしょうか。そういう変化の中では本場の情報を読み解く英語のちからも増せるとより貴重な人になっていくのではないでしょうか。 逆に言うと現場でコードを書く時間は相対的に減ると感じますので ガッツリ技術中心の人生に向かいたいときはオープンソース系のコミットやコミュニケーションを欠かさずしておくと職業での立場が有利になりそうです。 引く手あまたになることは気分もいいし楽しいかもですが結局体は1つですのでそのうちマネージメントへ移行できるよう意識しておくと大きな仕事ができるエンジニアになっていくのではないでしょうか。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料