ガンホー・オンライン・エンターテイメントの年収・平均勤続年数を調べてみました!の画像

ガンホー・オンライン・エンターテイメントの年収・平均勤続年数を調べてみました!

皆さんご存知、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社。 転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収と社員の勤続年数は特に。あの大ヒットソーシャルゲーム「パズドラ」を運営する会社です。ガンホーのの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社過去3年の平均年収・平均勤続年数・従業員数・平均年齢

まずは、ガンホーの平均年収、平均勤続年数、従業員数、平均年齢を過去3年分まとめました。

  2013年12月 2014年12月 2015年12月
平均年収 652.9万円 631.3万円 632.0万円
平均勤続年数 4年8ヶ月 4年10ヶ月 5年5ヶ月
平均年齢 35歳8ヶ月 36歳9ヶ月 37歳5ヶ月
従業員数 315人 345人 366人

 

若手の採用をとめているのか、2013年から勤続年数や平均年齢は少しづつ高くなっています。

大ヒットしている「パズドラ」は2012年2月にiOS版を、2012年9月にAndroid版をリリース。
その後2014年頃をピークに業績は少し落ちてきているようですが、まだまだ収益の柱となっています。

それに応じて平均年収も下がってきているように思えます。

とはいえ、平均年齢や勤続年数は他のベンチャー企業を上回る数字、平均年収も高水準といえるでしょう。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の業績推移と今後

過去3年間の業績推移

  2013年12月 2014年12月 2015年12月
売上高 163,060 173,069 154,329
経常利益 90,104 93,524 72,606
当期純利益 54,768 62,038 43,432

(単位:百万円)

 

売上高、経常利益、純利益共に2014年をピークに下降傾向となっています。

表には掲載が無いですが、2012年と2013年を比較すると売上が7倍以上、純利益が6倍以上と大幅に増加しています。

ゲームは一度課金するとなかなかユーザーが離れず、一定の売上や利益をあげることは可能だと聞きますが、成長を継続するのは難しいようですね。

 

今後は新作ゲームで盛り返しか

パズドラの新作ゲームとして、平成 28 年 7 月 28 日にはニンテンドー3DSTM 向け冒険パズル RPG「パズドラクロス」を発売。

また、スマートフォン向けゲーム、プレイステーション®4 向けオンラインアクション ゲーム「LET IT DIE(レット イット ダイ)」が平成 28 年中に正式サービス開始予定と、続々と新作ゲームを仕込んでいるようです。

位置情報の活用やAR・VR技術の発達で大きなパラダイムを迎える可能性のあるソーシャルゲーム領域ですが、伝説的ヒットを飛ばしたガンホーの今後のタイトルには期待大です。

最後に

いかがだったでしょうか。

2013年、2014年は一世を風靡したパズドラですが、次のヒットタイトルを求められる時期に入っているようです。

今後の動向に期待しましょう。

 

※参考
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 有価証券報告書

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー