航空会社へ転職するために必要なノウハウ・スキル・準備とはの画像

航空会社へ転職するために必要なノウハウ・スキル・準備とは

航空会社へ転職するには志望動機や年齢、未経験などが関係してきます。正社員になるためにも様々な方法があります。航空会社への転職は容易ではありません。なぜなら人気の業界だからです。倍率がとても高いため転職は難しいと言えますが、志望動機やスキルをうまく活用することで転職が成功する確率がアップします。そこで今回は航空会社に転職するためのノウハウについてご紹介します。

はじめに

昨今、世界的に航空機によるお客様の輸送は、世界経済のグローバル化や、旅客機の性能の向上と大型化等により、上昇傾向にあります。

日本国内も日本政府の方針によって、羽田空港のアジアのハブ空港化によるネットワークの拡大や、成田空港のLCC専用ターミナル新設によるLCC各社の成田空港乗り入れ強化により、外国籍の旅客数増加へと繋がっています。

このような背景下において、航空会社職員のグローバル化に対応する語学能力が必要不可欠な時代へと突入しました。

この先も航空機を利用する外国籍の方の需要は高まると見られており、職員の応募要件の1つである語学力は益々高まっていく事が予測されます。

関連相談

必要なノウハウとは

航空業界への転職について、どのようなノウハウが必要であるのか、ポイントをご紹介します。

まず、採用の合否を左右する履歴書の志望動機は、応募する航空会社又は、航空会社の関連会社の目指す方向にマッチさせ、その方向性で自分は入社後にどう取り組むのか、内容に重きを置き、自分の言葉で熱意を伝えることです。

企業のホームページに掲載されている内容や、書籍に書かれている内容だけでは、分からない事がありますので、実際に空港に足を運び、現職のグランドスタッフに話を聞くことが、何よりも正確な情報であり、何を今取り組んでいて、今後何が必要なのかが明確になります。

「企業へ訪問し情報を収集する」事は、現職の係員との人脈へ繋がることもあります。

次に、面接の質問について、どのように答えていくのか、知っておく必要があります。職種によっては、受験対策の書籍が発売されていますので、1冊は購入して過去の質問を知り、面接でどのような質問にも対処できるように答えを準備しておきましょう。

また、既卒者の質問は、新卒時の質問とは異なり、今までのキャリアに関する事や、受験者の人柄が確認できるような質問がなされます。

最後まで諦めずに、熱意ある人柄は、企業に好まれる傾向にありますので、熱意を感じて頂けるような答え方を準備しておくと好印象です。

関連相談

応募要件に必要となるスキル

航空業界の応募要件で、必ず求められるスキルは英語です。

英語は、航空業界の中で日常のように使われる言語であり、職種を問わず必要なスキルとして求められます。

応募要件では、英検2級以上かTOEIC550点以上が最低ラインで求められますが、あくまでも応募可能な最低ラインです。

接客する機会の多い客室乗務員やグランドスタッフ、国際路線を主に就航させている外資系航空会社や、国内線と国際線の両方を就航させている航空会社は、TOEIC600点~800点以上が条件となることが通常です。

このように、企業や職種によって求められる英語力の高さに違いがあり、高い英語力を身に付けておく事は、受験の幅を広げますので、自己の英語力に更なる磨きをかけて受験に臨むことを強く推奨します。

また、外資系航空会社の場合は、英語以外に航空会社がベースとしている国の母国語(例えば、韓国の仁川国際空港を拠点としている航空会社であれば、韓国語)を求めるケースがあります。可能な限り多言語を習得すると、受験に有利であることに間違いはありません。

転職に向けて必要な準備

転職に向けた事前準備は、最終的な合格を勝ち取る為に、とても大切なことです。

必要な準備を説明する前に、航空業界への転職を目指してエアラインスクールに通う受験生は、今も昔も変わらず多くいらっしゃいます。

確かに合格までの道のりをご指導いただけますので、エアラインスクールに通う事で、調べる時間的な負担は軽減できるかも知れません。しかし、金銭的な負担を考えますと、スクールで受験準備することの大半は、書籍で情報が得られたり、自助努力で情報収集する事ができますので、筆者の経験上、背伸びまでして通う必要はないと思っています。

それでは、準備の内容について触れていきます。

まず、自己分析を行う事から始めて、分析結果から本当に自分に合っている企業であるのか判断して下さい。航空業界に転職できればどこ企業でも良いと考えてしまう気持ちは理解できますが、後にこんな筈では無かったと、不幸を招く結果になる可能性もあります。

それほど自己分析は大切であり、転職を成功させるカギと言っても過言ではありません。

次に、受験を決めた企業の更なる研究や情報収集を行います。前述した「必要なノウハウとは」で一部触れてきましたが、その他にも企業の最新の動向を知る為には、日経新聞の航空ニュースの購読や、立ち振る舞いや、好印象な証明写真などの受験対策は、受験専門誌のイカロス社の書籍で情報収集が可能です。

そして、英語の資格を取得する為に、独学であれば、書籍の購入で勉強を進め、独学以外であればスクールに通ってスキルを身に付けて下さい。準備なくして、本番に備えることはできないことを肝に銘じて万全な準備を整えて下さい。

転職する際の志望動機について

航空会社に転職するにあたり、志望動機は最重要項目です。

なぜなら航空会社は学生から社会人まで、幅広く人気のある会社だからです。
また大手航空会社になると、倍率が職種によって何倍にもなり、それが常に継続しています。

そのため、航空会社の面接官も人を見る目には長けています。
何千人以上もの人と面接を重ねているからです。

そのため定型文のような一般的な志望動機では、おそらく他の求職者と差がつかないでしょう。やはりオリジナルのものを取り入れる必要があります。

自分がなぜ航空会社に転職したいのか考えましょう。
そして興味を持った職種に対して、なぜ興味があるのか、そして会社ではどのような仕事をしていこうと考えているのか明確にしましょう。

 

正社員になるには?

ここでjobQに投稿されたQAを見てみましょう。

第二新卒ですが、転職先としてANAで働くことは可能ですか?

今第二新卒として、ANAのCAになることを考えています。

私はもともと海外が好きで、旅行も好きで、更にANAの福利厚生が良いと聞いたので私にとって不足なしと考えています。ただ、CAへと転職することは可能なのかなどわからないことが多々あるので質問しました。

また、それと同時にCAは女性が多いということもあり、部署に上手く入れるかも不安なのでお話を聞かせてください。
一応、英語と中国語は日常会話レベルで話せます。

ANAでCAとして働いています。

もし、転職でCAを目指す場合、国内の航空会社では「既卒」枠での採用試験を受験することになります。接客業などから転職する人もいれば、旅行会社やまったく異業種から目指す人もいますのでそこらへんはご心配しなくて結構です。

ただ、年齢制限は特に設けていない会社が増えており、20代後半や30代でも採用されることはあります。しかし、体力勝負の仕事ゆえ、若いに超したことはないと思います。

また、近年、新卒採用での入社は「契約社員」スタートが一般的になっていますが、それは既卒(中途採用)の場合でも同様です。まずは契約社員として3年間働き、その後本人の希望や能力、適性を踏まえて正社員に切り替わる場合が多いです。

もしそれが不満なら海外の企業を受けることをおすすめします。
日本のように新卒と既卒で採用試験が分けられていないのが普通です。アジア系以外では年齢制限が緩い分、日本系の会社よりも語学スキルを求められることが多いです。

つけ置きですが日本の大手(ANAも勿論含みます)は別にTOIECによる審査もあるので注意してください。

との事でした。
今回はキャビンアテンダントの事例でしたが、転職で航空会社の正社員となることは可能なようです。

キャビンアテンダントの場合は契約社員から始まって、正社員に切り替わるようです。

最後に

航空業界へ転職する為には、ノウハウやスキル、そして事前準備が綿密に絡み合っている事を、記事を通して感じて頂けたかと思います。

転職希望者の誰もが、同じような受験対策や準備を行ってきますので、似たり寄ったりの志望動機の書き方であったり、面接会場では似たり寄ったりの身だしなみで、人事担当者から見ると、皆が同じにしか見えないこともしばしばあります。

そのように見られてしまった時、採用までの道のりは険しいものとなるでしょう。

また、奇抜な身だしなみは当然NGですし、的を外れた動機も論外です。同じような対策をしてくることは、人事担当者は事前に分かっています。

その中でも企業にとって本当に必要な人材として採用される方は、繰り返しになりますが、企業の目指す方向にマッチし、その方向性で自分は入社後にどう取り組むのか、内容に重きを置き、自分の言葉で熱意を伝えることです。

そのことが結果的に、人事担当者の目に留まり、内定へと繋がっていくのです。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。今回オススメするのはリクナビNEXTです。
リクナビNEXTは、転職決定数No.1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数を誇る、安定感のある転職サービスです。

サービス概要

  • 幅広い職種、業種、地域を網羅し、新規求人が毎週1,000件以上更新
  • 転職サイトと転職エージェントの併用が可能

リクナビNEXTに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年09月05日です。

この記事に関連する転職相談

航空整備士として大手航空会社へ就職するのはかなり難易度が高いって本当でしょうか?

Fランク大学に在学している理系学生です。  将来的には大手企業の航空整備士として働きたいと考えています。  ただ募集要項などを拝見すると、募集人数がかなり少数でした。  Fランク大学などから就職を志願して内定がいただけるという事例はあ...

航空業界が就職先として人気でありつづけり理由は何ですか?

航空業界は常に、就職先の人気ランキングの上位を占めています。 では、なぜ航空業界は就職先としてここまで人気なのでしょうか。 日本航空は何年か前ですが、経営破たんもしていますが、 未だに就職先として人気です。 何故、航空業界は日本の学...

航空業界で求められる人材は?

大学生女です。航空業界で働きたいと思っています。 しかし、JALやANAなどをはじめ、航空会社は人気で倍率がかなり高く、自分がその倍率をくぐり抜けられるか不安です。 そこで、航空業界で働いたことのある方、周りに働いている人がいる方にお聞きしま...

この記事に関連する記事

【航空業界の将来性】業界が抱える課題や働き方を徹底調査

昨今、飛行機移動はごく普通のことであり、昔と比べるとかなり身近な乗り物になっています。さらに、ローコストキャリア(LCC...

【航空業界のキャリアパス】客室乗務員やスタッフ等のキャリアを調査

航空業界は、航空会社をはじめとして、多くの関連会社や職種が存在しており、キャリアパスはまちまちです。航空業界へ入りた...

【航空会社の総合職】就職前に把握しておきたい仕事内容について

今回は航空会社の総合職の仕事内容についてご紹介します。航空会社の採用情報で、主に新卒者を対象とした「総合職」という言...

【航空業界で働きたい】どんなキャリアプランを描けるのかを調査

一般的な航空業界のキャリアパスとは別に、企業にとって、将来像に向けて個々が描くキャリアプランは、とても重要です。何故...

【航空業界】基幹社員とは?仕事内容と合わせて詳しくご紹介します

各航空会社の基幹社員は、主に総合職と呼ばれています。総合職は、将来的に現場で働く専門職を陰ながらにして支えるスタッフ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー