【アクセンチュアへの転職をお考えの方へ】難易度や面接内容・年収まで口コミから解説

【アクセンチュアへの転職をお考えの方へ】難易度や面接内容・年収まで口コミから解説

コンサルティング業界に興味のある方も多いのではないでしょうか。今回は外資系コンサルティングファームとしても有名な、アクセンチュアへの転職情報について解説していきます。アクセンチュアの社員の方の口コミ情報から、年収や面接で聞かれる内容、英語の必要性や評判について、詳しく見ていきます。アクセンチュアへの転職や就職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

14299

アクセンチュアの年収について


アクセンチュアの年収は1000万円超え!

外資系コンサルティング会社ということもあり、やはりアクセンチュアの年収には惹かれるものがあります。

具体的にどのくらいもらうことができるのか、社員の方の口コミなどを参考にしていきたいと思います。
 

アクセンチュアの方は30前後で年収が1000万円を超えるというのは本当ですか?
 

アクセンチュアに就職したいと考えているのですが、アクセンチュアはちらっと聞いた感じだと年収が1000万をこえるということを聞きました。

そこで質問なのですがアクセンチュアの年収ってぶっちゃけどれくらいですか?

やはり外コンだけあって高いと思うのですがどうですか?

1000万超える人は多いですね!

実際に、僕の知り合いは28で超えたといっていました。

ただ、マネージャー職に就くと、残業代が出なくなってしますため、一時期昇格したのに降給してしまったそうです。

ですが、それがバネになり仕事の効率化やどうしたら更に評価されるかを真剣に考え今に至るといっていました。

正直昔からしっている友人なのでこんなにもかわるのかというくらい仕事に一生懸命です。

恐らくそんな人が初めて認められてアクセンチュアでも1000万を・・・続きを見る

結論、高いと思います笑

新卒でビジネスコンサルタントとして入社しましたが、年収は現在20代前半で500万円程度です。

給与としては少し高いくらいですが、年1回のボーナスがMAXで4,5ヶ月分出るので総合的に見ると20代前半でも700万・・・続きを見る


やはり年収は1000万円を超えるとのことで、とても充実した金額になっていることがわかります。
 

アクセンチュアの年収に関する口コミ

JobQには、このようなアクセンチュアの年収に関する口コミも集まっています。

一部を抜粋して紹介します。

年収1100万円
戦略と非戦略で給与体系が異なる。戦略から非戦略は階級が一つ異なる。

戦略の場合、シニマネで2000〜、マネで1900-1500、コンスで1000-1500という給与レンジがだいたいのイメージ。

最近、マッキンゼーやBCGなどのTop tierのコンサル企業とチャーム額が同水準にも関わらず、給与的には差があるため、是正するよう頑張ってる。戦略コンサルティング本部/正社員/2019年入社
年収700万円
年収は比較的良いが、福利厚生やキャリアへのポジティブな影響が少ないためトータルで見ると良くない。

アップ率は事業会社と比較すると良いためわかいうちは満足しがちであると思う。のちに振り返るとそうでもない、という感じがただしいかと思う。

ボーナスは業績にもよるが最近は好況のため基本的にはとてもよいのではないか。

今後どうなるかは不明。

その上で来たいと思うかどうかが満足度へ影響すると考えられる。私はよかったと個人的には思っている。デジタル/正社員/2016年入社

▶︎アクセンチュアの年収の口コミをもっと見る

アクセンチュアの福利厚生について




アクセンチュアの福利厚生

アクセンチュアには、以下のような福利厚生があります。

福利厚生 ・確定拠出年金制度
・従業員株式購入プラン
・長期収入所得補償
・法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典
・ポイント・割引サービス
・健康サポート
休暇 ・年次有給休暇
・私傷病休暇(※試用期間終了後から取得可能)
・結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合を含む)
・リフレッシュ休暇
・ボランティア休暇
手当 ・時間外勤務手当
・深夜勤務手当
・出張手当
・住宅手当
・交通費支給
ライフステージについて ・母体保護休暇
・配偶者・ライフパートナー出産休暇
・子の看護休暇
・育児休憩時間
・ベビーシッター補助
・介護休業
・出産休暇
・育児休業

参考:アクセンチュア 福利厚生

様々な福利厚生の制度が整っていることがわかりました。


アクセンチュアの福利厚生に関する口コミ

実際、福利厚生はどのように運用されているのでしょうか。

社員の方の口コミから見ていきます。

福利厚生はあまり期待しないほうが良い。

トレーニングに関しては、手を挙げれば補助してもらえることもあり、積極的にやりたいことを発信していくことが大事。

特にManager以上になると、トレーニングの選択肢の幅も広がる。金融サービス本部/正社員/2009年入社
■福利厚生
・住宅補助あり
・交通費全額支給
・健康保険ポイント制度があり、年数万円分のポイントが貰える
・傷病休暇が有給とは別にある

福利厚生は、競合他社より優れている印象

■社内制度
・社内異動制度
受け入れ先部署から欲しいと思われる存在であれば、部署を行き来可能。テクノロジー/正社員/2017年入社

▶︎アクセンチュアの口コミをもっと見る

アクセンチュアは激務

アクセンチュアは激務なのでしょうか。

jobQに寄せられた質問をもとにみていきましょう。
 

アクセンチュアって、激務って聞くんですが、どの職種が特に激務でしょうか?

アクセンチュアの採用の広告を最近よく見るのですが、アクセンチュアって激務ってききます。

採用サイトみてみると、戦略コンサルタント・テクノロジーコンサルタント・ビジネスコンサルタントと3つ職種があるようですが、特にどの職種は激務だとかあれば教えてほしいです。

アクセンチュアで働いています。他のファームで働いている友人も何人かいます。

激務と聞くとのことですが、アクセンチュアに限らずコンサルティング会社はどこも忙しいです。

入るプロジェクトによっては地方に行く、海外出張に行く、などは普通です。

ただ、忙しい分ビジネスパーソンとしての成長はできますし報酬も高いです。

ひとつ目安としては、新卒で入社してマネージャークラスまでいけば年俸で1000万円近くはもらえます。

コンサルティングにはテーマがいろいろあって、
・新しいITを導入したいんだけどうちの社員はそういうのに詳しくない
⇒ITコンサルティング
だったり、
・事業戦略をどういう風に立てたらいいかわからない
⇒「戦略コンサルティング」「ビジネスコンサルティング」

※戦略コンサルティングはビジネスコンサルティングよりも扱う時間軸が長いようなイメージ

だったりするわけです。

どこの職種もプロジェクトによっては変わりますがすべて忙しいです。

なので・・・続きを見る

アクセンチュアで働いています。

福利厚生は日系よりも充実していると思います。

例えば自宅勤務がOkな部分など。所属する部署によりそれが利用できるか微妙。

権利があっても雰囲気で消化できないこともあります。環境は良いのに人的部分により差が発生しているのが残念です。

また、長時間労働が慢性化しているため、ほとんどの人が若いうちに転職していきます。

残業代が出るかどうかはプロジェクトにもよるが、数年間で稼いでもっと落ち着いた会社へ次のステージを求める、という人が多いですね。

後、他の福利厚生として契約社員でも育児休業をとっています。

自分の意思をちゃんと伝えられる人には居心地の良い会社と思います。

クリスマスやハロウィンなど・・・続きを見る


やはり、アクセンチュアのみならず、コンサルティング会社は忙しいということがわかりました。

転職を考える際には、しっかりとキャリアをイメージした上で目指してみてください。

アクセンチュアについて

アクセンチュア株式会社_企業ロゴ

アクセンチュアの会社概要

名称 アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)
創業 1962年、事務所開設
設立 1995年12月
従業員数 約15,000人(2020年6月1日時点)
事業内容 「ストラテジー & コンサルティング」
「インタラクティブ」
「テクノロジー」
「オペレーションズ」
の4つの領域で、幅広いサービスとソリューションを提供

参考:アクセンチュア 会社概要

就職先、転職先人気企業としても有名なのが、アクセンチュアです。

今回は、そのアクセンチュアへの転職を目指す方に、転職情報や面接内容について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。
 

アクセンチュアの評判

アクセンチュアの年収、将来性、福利厚生、ワークライフバランス、職場環境、人事評価制度のレーティング※ 参考:JobQ『体験談』への投稿からの調査

これらの評判を見ると、会社の将来性が高いということが分かりますね。また、人事の育成・成長環境が高いのも一つの特徴ですね。さらに、全体の評判が高いことから、非常に働きやすい企業と言えるでしょう。

そんなアクセンチュアに転職したい方は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

▶ doda:https://doda.jp/

では、早速アクセンチュアの転職について確認をしていきましょう。

アクセンチュアの中途採用募集について


アクセンチュアの経験者採用とは

アクセンチュアの中途採用は、以下のようなビジネス領域別で募集を行っています。

  • Strategy Careers
    戦略パートナーとして、顧客の経営課題や挑戦の取り組み支援を行います。
  • Consulting Careers
    顧客の経営戦略や変革実現をトータルサポートします。
  • Interactive Careers
    デジタルによるビジネス成長や顧客体験の創出を支援します。
  • Technology Careers
    「New IT」による顧客の変革を支援します。
  • Operations Careers
    継続的なデジタル業務改革を行うサービスを提供します。
  • Cybersecurity Careers
    サイバーセキュリティーサービスの支援を行います。
  • AI Careers
    人工知能による新規サービス策定など、データによる顧客の課題解決を支援します。

参考:アクセンチュア 経験者採用


アクセンチュアの募集職種

アクセンチュアの募集職種は、以下のリンク先から検索することができます。

また、アクセンチュアへの転職には、転職エージェントの利用をおすすめします。

アクセンチュアに転職したことのある方から口コミをいただきましたので、そちらも確認しましょう。
 

アクセンチュアへ転職を考えているなら、転職エージェントを利用するべきです。自分の場合、ビズリーチを利用しアクセンチュアへ転職しました。

ビズリーチではハイクラス人材を扱っており、アクセンチュアのような企業とはかなり相性が良い転職エージェントだと思います。また面接の対策などもしっかりと行えるため、転職活動に安心して取り組むことができます。

ただし転職エージェントには自分との相性もありますので、複数利用がおすすめですね。自分の場合は、ビズリーチとdodaを使っていました。

結果として、ビズリーチを使いましたが、dodaも求人数が多くかなり良かったので、おすすめの転職エージェントです。営業職/正社員/2018年入社

アクセンチュアへの転職を考えている場合は、転職エージェントの利用がおすすめのようです。

おすすめの転職エージェントとしては、ビズリーチやdodaが挙げられています。


絶対に年収をUPさせたいあなたに

ビズリーチであなたの今までの経験や強みを入力すると、あなたの経歴を気に入った優良企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

ビズリーチに登録することで、思いもよらぬ企業やポジションからスカウトが届いた方が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 35歳以上:850万円
  • 40歳以上:910万円

今すぐ登録してスカウトを待ちましょう!

アクセンチュアの転職難易度はどのくらい?


アクセンチュアの転職難易度とは

ここでは、アクセンチュアの転職難易度について確認しましょう。

アクセンチュアは、常に人材を募集している印象がありますが、採用基準についてはかなり高めに設定されています。

JobQに投稿された転職難易度に関する投稿を見てみましょう。

アクセンチュアへの転職難易度は高いですか?

アクセンチュアへの転職を考えています。コンサル未経験の30代後半です。現在は、メーカーの営業で働いています。

しかし年収などの待遇面で不満があり、年収が高いというコンサルに、中でもアクセンチュアへ転職しようと思っています。やはり、アクセンチュアに転職する難易度は高いでしょうか…?

またこの際、どういったことを履歴書等でアピールするべきでしょうか?

前段の相談のみに回答させていただきます。

(中略)

何が言いたいかと言うと「30代後半・コンサル未経験でコンサル会社に中途入社することは、耐え忍ぶ覚悟と人一倍努力する覚悟が必須になる」ということです。

コンサル会社にて求められる能力・スピード感は事業会社にて求められるそれと・・・続きを見る

コンサルティング会社ではたくさんの仕事を迅速にこなすスキルと経験が求められるため、転職難易度は必然的に高くなります。

また、その後のキャリアについてもしっかりと考えたうえで、アクセンチュアへの転職を目指すことが求められそうです。


アクセンチュアの入社・退社理由に関する口コミ

それでは、アクセンチュアに入社した方は、どのような理由でアクセンチュアへの就職や転職を決めたのでしょうか。

JobQに投稿された口コミを紹介していきます。

・入社理由:様々な業界に関わりたかったことと、転職市場での市場価値が高まると考えたから。実態は、戦略とSE以外はほぼ特定の業界に身を置き、その業界の知見を深めていくため、様々な業界に関われるという機会は少ない。

また、転職市場にアクセンチュアの社員が多くいるため、結局は自分次第と感じた。アクセンチュア出身というだけで、興味は持ってもらえるが、何をしてたかをしっかり語れないとキャリアアップは難しいかもしれない。金融サービス本部/正社員/2018年入社
面白い会社だと思いますが、マネージャー以上はプレイヤーかつ、管理も求められるためrequirementは非常にハードルが高いように思います。 地位を伴わない中高年に居場所はないです。IT/正社員/2005年入社

▶︎アクセンチュアの入社・退社理由の口コミをもっと見る

アクセンチュアへの転職希望希望者は多いのか


アクセンチュアへの転職希望者は多い?

大手IT企業からアクセンチュアへの転職希望者が急増中のようです。

大手IT企業からアクセンチュアへの転職希望者は本当に増えているのでしょうか。

大手IT企業からアクセンチュアへの転職者が増加しているのは何故ですか?

現在外資系のIT企業で働いています。

先日ニュースで大手IT企業からアクセンチュアへの転職者の数が増加しているというのを見ました。

まだ一回も転職という事を考えた事がないので、あまり他社には詳しくないのですが、アクセンチュアは、転職したくなるような魅力的な企業なのでしょうか??

かなりアクセンチュアに興味を持ち始めたのですが、イマイチどういう企業か良く分かっていません。転職したくなる魅力は、何でしょうか?

アクセンチュア社員です。IT企業から転職されてきた方からは

・より上流の工程がやりたいと思い、それが実現できる
・のみならず業務系・戦略系・今だとデジマ等幅広いことが経験できる
・給与が高い
の理由を聞きます。

一方で・・・続きを見る

やりたいと思う仕事ができるのは大きなポイントではないでしょうか。

アクセンチュアの中途採用の面接内容とは


アクセンチュアの面接内容について

では、ここでJobQに投稿された面接のポイントに関する投稿を見てみましょう。

アクセンチュアの中途採用の面接の内容はなんですか?
 

中途面接の内容と、面接で意識したポイントを教えてください。

中途で業務コンサル部門(MC)に入社しました。

・自分のキャリアプランの中で何が課題と原因か、なぜその解決手段がアクセンチュアへの転職か、というストーリー・・・続きを見る

志望動機、自己PR、経歴の深掘りは当然聞かれます。

それに加えて・・・続きを見る

また、こちらの質問も参考にしてみてください。

アクセンチュアの面接ではどんな質問をされますか?

現在大手IT企業で働いているのですが、仕事にやりがいを感じられず転職活動を行っています。

もともと、就活で受けたアクセンチュアにまた挑戦したいという思いが強くなり、第二新卒採用でアクセンチュアの選考を受けています。

面接を来週に控えているのですが、面接の内容・「これはしておくべき」という準備・面接でのポイントがあれば教えていただきたく存じます。

よろしくお願い致します。

大きく2つ準備するべきです。

1.基本的な質問に対する準備
他の企業でも準備が必要だと思いますが、「これまでの仕事内容」「自分のできることやスキル」「なぜ他のコンサルティングファームではなくアクセンチュアを選んだか」「今後何をやりたいか」などはしっかりと話せるように準備しておきましょう。

また「自己紹介もホワイトボードを使って説明しろ」や・・・続きを見る

様々な質問を想定しておくことも大切ですが、コンサルティング会社ということもあり、思考力などが求められている印象があります。

志望動機などはあらかじめしっかりと準備しておくことが、大切になります。

アクセンチュアへの転職に英語は必要か


アクセンチュアは英語が必須?

アクセンチュアのような外資系の会社では、英語が重視されがちです。

JobQにアクセンチュアへの転職の際に必要な英語力についての投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

アクセンチュアに転職する際は英語が非常に重要になるのでしょうか?  

現在、転職を考えています。考えているのはアクセンチュアのコンサルタントです。

そこでアクセンチュアに転職する際、英語力がどのくらい必要なのか聞きたく質問しました。

実際に、転職する際は英語力がどのくらい必要なのでしょうか?

現在、アクセンチュアで働いています。

アクセンチュアは外資系の会社ですので、英語は必要になります。

入社後に海外プロジェクトに参加させられますので、英語力は転職する前から身に付いておいた方が良いと思います。

ただ転職時に英語を話せない人も多く、プロジェクトにアサインされてから英語を勉強するなんて方もいるので、転職の際、絶対的に必要な要素とは言えないですね。

むしろ日本語能力が低く面接で落とされる方も多くいます。

私個人的には転職する前に日本語を完璧にしておいた方がいいと思っています。

コンサルタントは・・・続きを見る


また、こちらの質問も参考にしてみてください。
 

アクセンチュアでは英語ができないと困りますか?

中途入社を考えております。
(インフラ系)31歳

英語が全くできないのですが、入社したとしても英語で困ることがありますでしょうか。

出来ないよりは出来た方が良いです

仕事の幅がグンと広がります

ただ、TOEIC600は・・・続きを見る


アクセンチュアでは、海外プロジェクトに参加する機会があるという事なので、、英語力を身につけておいて損はないようですね。

また、アクセンチュアはコンサルティング会社でもあるため、日本語での説明能力についても高いものが求められそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はアクセンチュアへの転職ノウハウについてまとめました。アクセンチュアは、今では日本トップクラスの人気企業です。

アクセンチュアへ転職を希望されている方は、転職前にこちらの記事を参考にし、ぜひ採用の電話をもらってください。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

アクセンチュアとNTTデータのどちらに就職するべきだと思いますか?

18卒の大学生です。 現在アクセンチュアのビジネスコンサルタント職とNTTデータの営業・SE職で内定をいただいています。 どちらも第一志望の会社なので余計に決めるのが難しいのですが、みな...

アクセンチュア、アビーム、みずほ総研、大和総研、SCSK、CTCのどこに就職したいですか?

下記の企業から内定が出た場合、行きたい順に並べてください。理由も一緒にお願いします。 アクセンチュア アビーム みずほ情報総研 大和総研 SCSK CTC

地方私立大からアクセンチュアには学歴フィルターがあり就職できないですか?

地方の私立大学に通うものですが、やはり学歴フィルターが大きな壁になるのでしょうか?

院卒でアクセンチュアかNRIに入るならどちらを選びますか?

2020卒の情報系院卒の学生です。 SIerやITコンサル業界に興味があり就活をしております。 現在アクセンチュアのビジネルコンサルタント・IBMのビジネルコンサルタント・野村総合研究所...

新卒で就職するなら日立製作所とアクセンチュアのどちらがいいですか?

新卒で就職するとして、日立製作所のプラットフォームエンジニア職かアクセンチュアのソリューションエンジニア職であれば色々な点を加味して、どちらがいいのでしょうか。

AWSとアクセンチュアに内定を貰ったらどちらに転職をしますか?

AWSとアクセンチュアに両方受かったらどちらに行きますか? 中途でプリセールスAWS、アクセンチュアITコンサルです。 理由も合わせてアドバイスをお願い致します。

大手Sierに転職するのに就職すべき会社と必要な経験やスキルは?

Sier業界で大手Sierに転職しやすい企業を選択するためには? 就活生です。就職活動を始めるのが遅くなってしまい、ユーザー系・メーカー系の比較的受かりやすい会社に絞って活動をしています。...

アクセンチュアとベイカレントならどちらに転職するのが良いと思いますか?

転職:SIerからの転職_アクセンチュアとベイカレント 現在転職活動をして、アクセンチュアとベイカレントから内定が出ておりどちらにすべきか迷っております。悩んでいる点は以下です。 ・現在のス...

アクセンチュアと楽天ならどっちに転職するのが良いですか?

大手商社に勤めている25歳です。 IT系の仕事がしたいと思って、アクセンチュアと楽天どっちに転職するか悩んでいます。 給与面というよりもビジネス的にチャレンジできる環境を求めています。

アクセンチュアやデロイトトーマツコンサルティングなどならどこに転職するべきですか?

アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティング、PwCコンサルティング。40歳で転職するならどこがよいでしょうか?(現職はSIerです)※もちろん、何がしたいかによって選択するファームは異なる...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事の企業

  • 東京都港区赤坂1ー8ー1
  • ビジネスコンサルティング
  • Q&A182件
アクセンチュア株式会社 (Accenture Japan Ltd)は創業:1989年で、設立:1995年12月である。 資本金は3億5千万円で、従業員数は約7,600人(2016年11月末時点)である。 事業内容は「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供してい...続きをみる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す