語学留学や資格取得等による一年間の休学が与える人事への影響は?

語学留学や資格取得等による一年間の休学は、選考の際人事の方にどのような印象を与えるのでしょうか。
一年間の休学で得た経験や意義をきちんと説明することが出来れば問題はないと、私は考えております。またこれを伝えることができない場合、ただの留年だと思われるのでしょうか。
回答をよろしくお願い致します。

面接就職活動採用基準

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 0

自分も休学経験があります。

3ヶ月留学半年インターンで、その他は好きなことをしていました。笑
全く問題なく就職活動を終えることができましたよ(^^)

むしろ、話すネタにこまることはなかったですね。
ただ、一つ注意してほしいのは面接慣れをしすぎることです。いい面もあるのですが、印象的に相手にマイナスに取られる場合もあります。お気をつけて

ユーザー名非公開(質問者)

ご返信ありがとうございます。
企業の選考には、休学は問題が小さいと考えて良さそうですね。
しかし面接等で人事の方へ不快感などを与えないように気を付けることが大切そうですね。自分は周りと同じ、社会に出る新人として自分にふさわしい態度を取れるように初心を忘れないようにしたいと思います。
ご回答ありがとうございます。

それが何かによるとは思いますが、「何となく」感がなければ良いと思います。
1年の休学はそんなに軽くないぞ、ということを分かった上で、よくよく検討して決めました→それに見合うだけのものを得ることができました、であれば問題ないでしょう。
リスクなのは、「こいつ何も考えずになんとなく資格とか語学力つけりゃいいと思って休学したな?→もしかしたら単位が足りなさそうだから休学でごまかしたんじゃ?」とか、あらぬ疑いをかけられることです。
まあ何があってもいい方にも悪い方にも捉える人はいますので、あまり気負いすぎる必要は無いかなとは思います。ただし、すでに留年してるとか、2浪以上してるようであれば注意すべきレベルはだいぶ上がります(つまり人事からの見え方が変わってきます)。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー