• HOME
  • 就職
  • キャリア的には就職浪人することをどう思いますか?

キャリア的には就職浪人することをどう思いますか?

78

就職留年の是非について

地方国立大学理系学部所属の21卒です。
就職留年をすべきか悩んでいます。
というのも、就職活動を始めた当初は専攻している土木分野、私の趣味嗜好の分野での就職を考えており、インターンシップなどにも参加していました。

しかし、就職活動を進めていく中で土木分野については技術職として図面を書くなどの業務内容が私の将来的に目指したい社会人像かといったところに疑問を抱き、また趣味嗜好の業界で第一志望であった企業から最終面接までにかなり高い評価だということを人事の方からいって頂いたこともあり、最終選考まで進んでいた企業様も複数ありましたが全て辞退し、1社だけを残してほぼ就職活動を終えるような形を取ってしまいました。

結局のところ、第一志望の企業の最終面接での評価は高かったといって頂いたものの、コロナウイルスの影響で採用枠をかなり縮小した影響で私が希望していた部署での採用がなくなってしまい不採用と言う形になってしまいました。

今現在は幅広い業界を見ながらまだ採用活動をされている企業の説明会等に参加させて頂いているものの、多くの企業は採用活動を終了されており、見ることのできる企業が狭まっているという現状です。

そのため、就職留年することで就職活動を一から再スタートさせ、余裕ができた1年間のうちに長期のインターンシップに参加し視野を広げたり、資格の所得や個人で稼ぐことのできるスキル磨きといったことに時間を費やすような形をとっても良いのではないかと考えるようになりました。

このようになってしまった原因は、1社を残し採用活動を終了させた私の怠惰であること、また来年もコロナウイルスの影響で就職活動が厳しくなることが想定されることは重々承知していますが、この考えに対してアドバイス等いただければ幸いです。

キャリア就職就職活動/就活就職浪人/就職留年

ユーザー名非公開12日前

回答7

ベストアンサー
ユーザー名非公開1

就職浪人経験者です。 だいぶ前の話ですし質問者の方と...

続きをみる
就職浪人経験者です。 だいぶ前の話ですし質問者の方と属性も異なりますので、どこまで参考になるかわかりませんが、私の経験をシェアしておきます。 ちょっと長くなりますがお付き合いのほど。 ちなみに、私は都内私立大経済学部卒、一浪一留です。 マスコミ志望で、1年目はマスコミを中心に受けましたが内定はもらえず、すべり止めで受けた証券会社に内定をもらいました。 ですが、結局辞退し、卒業の単位を未達にして留年しました。 2年目はさすがに後がない状況なので、マスコミに加え金融・メーカーなど幅広に受けた結果、マスコミはやはりダメで、最終的に銀行に内定をもらって就職しています。 個人的には、結論として留年して再度就職活動をして良かったと思っています。 理由 ・2回ダメだとさすがにあきらめがつく ・2回目はより広い視野で様々な業種を見れて、マスコミ一辺倒でなくても良いと思えた ・自分の志望でない業種に入ったことで、いい意味で業種に対するこだわりがなくなり、入ってからの職歴を次にどう生かすかという視点で前向きに捉えられるようになった 結論として、就職活動を二度やったことで、良い意味で腹が座ったということかもしれません。自分にマスコミへの適性がないのだとはっきりしたし、もう逃げ道もないし、だったら、もう入ったところでやってやるという気持ちになったと思います。 1年目の時は、内定した証券会社の内定式にも参加しましたが、やはりマスコミに行きたい気持ちは消えることはなく悶々と思いは強くなるばかりで、こんな気持ちでは就職できない、どうしよう、と逡巡する日々を過ごしていました。 ちなみに、その後銀行で数年働いた後、銀行で得た業務・システムの知識を生かして2回転職し、今はコンサルティングファームに勤めています。 COVID-19の影響もあり、企業の採用の先行きが見えない状況ではありますが、質問者の方が前向きにご自分の将来のことを考えていけると良いなと、心から応援しています。
ユーザー名非公開2

就職留年はやめた方がいいですね。 留年した瞬間に...

続きをみる
就職留年はやめた方がいいですね。 留年した瞬間に同期とは異なる肩書になります。 そうしたときに書類選考が今まで以上に通らなくなる事も可能性としてはあるため、全くもって留年するメリットがありません。 また、コロナの影響で就職環境が更に悪化することも十分あり得ます。 可能であるならば、何とか就職をして転職を目指すことでしょうね。
ユーザー名非公開3

不本意でもどこか就職したほうがよいです。そして就業しな...

続きをみる
不本意でもどこか就職したほうがよいです。そして就業しながら転職活動をしたほうがよいです。理由も今の状況を加味でもいいでしょう。 あるいは、アルバイトしながら資格など目指す先のスキルアップ活動でもいいかもしれません。エージェントとか相談できるならしてもいいかと
ユーザー名非公開4

個人的には就職をお勧めします。 就職業界悩んでいる時...

続きをみる
個人的には就職をお勧めします。 就職業界悩んでいる時点で、やりたい事が絞りきれているわけでもなく、強い意志も感じられません。 まずは働いてみて、働きながら考えれば良いと思います。(何を目指すのかに依りますが)資格取得なんて、よほどの資格でなければ大して役にたちません。就職当初は、思い描いていた仕事と違うことを任されるなんてザラにあります。その中で、自分がどう貢献ができるか?を考えることになります。そこに質問者様の付加価値があるわけです。得て、不得手もやってみないとわかりません。経験から自分の物差しを精緻化していけば良いのではないでしょうか。

株式投資と同じで、どの程度リスクを許容できるかによりま...

続きをみる
株式投資と同じで、どの程度リスクを許容できるかによります。就活留年しても、翌年により良い結果が保証されるわけではなく、もしかしたら今年より納得できない結果になる可能性もあります。 そうなった場合でも、再起してやる気を見いだせるのであれば、可能性に賭けるのはアリだと思います。 ただ、自分の努力だけではなく、社会情勢も大きく影響するため、コロナウイルスによる企業の業績予想が不透明なため、好景気の時より更に、来年の就活は厳しくなる可能性は高いと思います。 世の中には、就活留年したことによって、納得できる就職を手に入れた人ももちろんいますが。 経済的に可能であれば、理系なので修士課程に進むと、留年ではなく学歴も上がるので、2年後に有利になる可能性が上がります。
ユーザー名非公開5
ユーザー名非公開6

今年に関しては、就職留年せずになんとか内定をて就職する...

続きをみる
今年に関しては、就職留年せずになんとか内定をて就職することをおすすめします。その理由は以下の3つです。 ①コロナによる経済影響は未知数で、22卒は厳しい就職市場になるため。 ②今年はインターンからの採用が去年よりも増え、通年採用になるなど就職ルールが大きく変化するため。 ③コロナウィルスにより行動に制限がかけられ、新しいガクチカや視野を広める活動がしにくい。 どうしても新卒でしか入れない業界に行きたい!などの理由であれば、しっかりとした覚悟の上で就職留年も手ではありますが、質問者様はそのタイプではないと思われます。 今年に関してはコロナにより採用数未達の企業もあるため、夏秋冬採用での採用が多くあるという予測もあります。諦めずにある程度興味のある企業に入ってからでも遅くないように感じます。 リーマンショックの際には、大卒でも正社員になれなかった人もおり、来年そのような状況にならないとは限りません。 最後は質問者が決断することですが、とりあえず今年就職してしまうのが後悔の少ない選択のように私には思えます。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料