直属の上司ではなく総務部門の人事課の方に退職を伝えるのはだめですか?

直属の上司ではなく、
総務部門の人事関係(総務課の人事とは別に、自分の課内にも人事がいる)の課長補佐(Aさんとします)
に仕事を辞めたい旨伝えたら失礼に当たるのでしょうか。

直属の上司にもいずれは伝えることになると思います。

ただ、その前に比較的時間に余裕があり、
かつ話しやすいAさんに打診したいと考えております。

直属の上司である係長は非常に忙しく、残業は月140時間です。

しかも、半年ほど前に辞めたい旨伝えたところ、
すぐにそのまた上司である課長補佐に話を上げられてしまいました。

その人はとかく説教好きで、理由を話すだけでもう疲労困憊です。
あんな思いは二度とごめんです。

直属の上司に話を通さず、他の係の補佐に言ってしまったら、
円満退職は無理でしょうか。

人事社内制度退職残業

ユーザー名非公開

回答 2件   応援 0

ユーザー名非公開1

やめるんだから別にその会社の人のことなんかいちいち気にしなくて良いと思います
失礼とかしったこっちゃないですよ
質問者さんの人生なんですし無視して良いと思います

ユーザー名非公開(質問者)

なるほど。考えすぎなんでしょうか。
円満退職する必要はないということでしょうか?

ユーザー名非公開1

相当その会社に思い入れがあるとかお世話になったとか今後も上司と個人的な付き合いがあるとかでない限り、別に気にしなくて良いと思います
別に喧嘩別れする必要はないですが、ドライに自分の意志を伝えることは必要です

何を打診することがあるのでしょうか?
やめる旨と、やめる時期を伝えればいいだけのことですよね。一身上の都合でとか、もっといい条件の会社が見つかったから、で十分です。聞かれても詳しくは答えない。
逆に次が見つかってないとか、やめる時期が決まっていないなら、まだ誰にも伝える必要はありません。よほど重要なポジションに就いているなら別ですが。

この質問に関連する求人
あと10
企業名
株式会社テイクファイブ
職種
人事(給与社保)
種別
正社員
勤務地
東京都
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー