金融業界営業職の実態を探ってみましたの画像

金融業界営業職の実態を探ってみました

金融業界、その中でも営業職は大変だとよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか?データや実際に就業経験のある営業マンの声などを取り上げながら、実態を探っていきます。

はじめに

「金融業界はつらい」「金融業は離職率が高い」と聞いたことはありませんか?しかし実際に厚生労働省が行った平成27年のデータによると、金融業の離職率は8.7%となっており、離職率が高いとは言い切れません。ではなぜ、金融業がつらい、といったようなイメージが生まれるのでしょうか?それは、金融業界で働く人のほとんどが働いている営業職が原因の一つとしてあげられます。今回は金融業の中でも営業職にフォーカスを当てていきたいと思います。

金融業界とは?

まず、金融業界とは何を指しているのでしょうか。金融業界とひとくくりに言っても、分野は多岐に渡ります。どのような分野があるのか見てみます。

・銀行
・証券会社 
・生命保険会社
・カード会社 

最近では一つの会社が手がける分野も広がってきているので、上記にあげた4つの分野に明確な境界線はありません。しかしこれらに共通して言えるのが、"お金を扱う"ということです。

お金を扱うとなると、間違いは許されず、シビアになるため他の業界よりも責任や負担を感じるケースが多いのかもしれません。金融業界の中でも職種は様々ありますが、その中でも特に、営業職の離職率は高く、これが金融業界に対するイメージに結びつけられているのではないでしょうか。

実際に金融業界営業職で働くということ

実際にJobQ内にも金融業界の営業職で離職を考えている人もいるようです。

証券会社1年目の営業職ですが、転職しようか悩んでいるのでアドバイスください  

証券会社に入社しました。
入社してびっくりしたのがノルマなど営業力がかなり求められている職場環境で、余裕がない毎日が続いています。

かなりストレスがたまる環境で、こないだ胃潰瘍と医者に言われました。

転職を検討していますが、せっかく希望していた職種への就職を果たしたのに、
もう少し我慢すべきなのかな?とも思っています。

わざわざ、将来安寧の会社をやめても後々後悔しないのか・・・など、非常に悩ましいです。
ノルマが緩い会社への転職もいいのかな、と考えています。
 

証券マンは特に大変ですよね。離職率も高い会社が多いです。
高水準の給与が期待できたとしても、色々自分に溜め込み過ぎて心身を崩してはいけませんよね。
我慢して続けるかどうかはある意味駆け引きかも知れません。

営業という仕事に抵抗はありますか?
なければ求人は沢山あると思いますので比較的早く決まるのではないでしょうか。

ただ、証券の営業とは大きくギャップのある営業もあると思います。現職を辞めずに転職活動をすれば、転職するべきか否か判断がつきやすいと思います。
 


この方は証券会社の営業職についており、課されるノルマがきつい、ということです。

証券会社ではなくても、銀行でも3年以内の離職率が3割、5年以内が約5割という銀行もあるようです。

そしてここでもやはり「ノルマ」がプレッシャーやストレスの原因となりやめていく人が多いようです。
営業でいう「ノルマ」とは、簡単に言うと「月に○○円、この商品をお客様に買っていただく」こと。
そしてお客様のニーズと会社側の要望の間で板挟みにされた営業マンは、このノルマに苦戦して、最終的に離職してしまうのです。

さらに金融業界は自分の成果が数字に表れやすいので、なおさらプレッシャーに感じるのかもしれません。

金融業界への就職を決めるときに注意すべきこと、求められる人材は?

金融業界営業職は実力社会のため、就職先、転職先として選ぶのに少し抵抗がある人もいるかもしれませんが、もちろんメリットもあります。この業界は比較的給料が高めなので、実際に力のある人はどんどん給料が上がります。では、ここではどんな能力、人材が適しているのでしょうか?

①強い精神力
大きなプレッシャーの下でも耐えられるような強靭なメンタルはやはり必要不可欠でしょう。どんなノルマを課されても、上司に嫌味を言われようとも、めげずに立ち向かえる精神力を持つ人は、きっと金融業界で成功することができるはずです。

②負けず嫌い
営業の成績順位が公表されることも多く、同期はみんなライバルです。「人よりもノルマを達成するぞ!」という高い志がある人は、営業職には向いていると言えます。

③口が上手い
ノルマを達成するためには、営業先でクライアントを説得させて商品を買わせることができるだけの交渉力が必要です。うまく言葉を操り、いかにその商品を欲しいと思わせるか、といったことが重要なのです。
このようなコミュニケーションスキルの高い人、口が上手い人は良い成績を得るポテンシャルがあるといえるでしょう。

今回は以上の3点を取り上げてみました。やはり、メンタル面が強く、コミュニケーション能力が必要なのですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は金融業界の営業職の実態について調査しました。
是非、就職活動、転職活動の参考にしてみてくださいね。

この記事に関連する転職相談

営業コストを削減するためにどのような対策をしていますか?

営業コストを削減したいです。 というのも、今月は部署全体の目標でコスト削減を掲げています。 自分は管理職というわけではないですが、自分も当事者意識を持って、改善系の施策をチーム内でも回していければなと思っているのですが、 どのような...

体育会系ノリの営業部署を見分ける方法はありますか?

現在、社会人2年目の男です。 専門商社で働いているのですが、完全にノリが体育会系のノリでついていけないでいます。 仕事のメリハリはあるので、非常に周りからは羨ましがられるのですが、 毎日飲み会があって、体力的に持たなくて悩んでいます。 ...

内気の性格の自分ですが、営業のコツはありますか?

かなり内気の性格です。 文系出身で就職活動を終えましたが、知らない人とのコミュニケーションは得意ではありません。 私のような内向的な者でも、仕事のコツはありますか? 自分のようにコミュニケーションが得意でないものが営業の成績を伸ばすた...

土木系の学科から不動産系で働く場合、どのような職種になりますか?

土木系の学科から不動産の会社に入るとなると、やはり営業職になるのでしょうか?

工学系の学部から営業職へ就職するのはもったいないのでしょうか?

工学系の学部の3年生です。 就職先の職を研究職ではなく、営業職を希望しています。 特に大きな理由ではないのですが、 研究職が嫌な理由は今の研究内容があまりおもしろく無いので、 このままこの知識を職に活かしたとしても、やりがいを感じにくい...

恋愛と営業は相関関係があると聞いたのですが、本当ですか?

恋愛と営業は相関関係があると聞きましたが、皆さんはいかが思いますか? 本当に相関関係はあるのでしょうか? 実際に、恋愛と営業のにどれほど相関関係があるのかを教えてください。 営業のスキルを上げたいです。 アドバイスをお願いいたします。

営業職から、IT企業のエンジニアに転職することはできますか?

現在24歳の男です。 IT業界への転職を検討していて、もう少し言うとエンジニア職を希望しています。 が、自分は全くの未経験でエンジニアのスキルが全くありません。 このような私でもIT企業へ転職することはできるのでしょうか。 特に、エンジニア...

メーカー営業担当の40代ですが、転職することができますか?

某最近話題の企業の小会社の営業職を担当しているものです。 新卒から勤めて、はや20年近くなるのですが、 最近事件が何度か続き、私ももしかしたらリストラ対象かもしれなく、 転職を検討しなければならない状態にあります。 不安なのは、40代で...

不動産営業に転職するために必要となる知識や経験は何ですか?

現在28歳の男です。契約社員として働いています。 正社員になりたいと思い、転職活動をすすめているのですが、 目ぼしい求人情報を見つけることが中々できなかったです。 そんな中、希望の待遇 とマッチする求人を見つけ、選考に進もうとしている...

不動産業界の営業職から転職するとしたらどんな業界がありますか?

不動産業界の営業職として働いている28歳の男です。 不動産業界の営業職から他の業界への転職を検討しているのですが、 この場合、どのような業界が挙げられますか? というのも、今の会社は月の残業時間が30時間以上が当たり前で、 将来性につい...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー