ベンチャー企業へ転職して後悔された方はいますか?

大手電機メーカーのグループ会社で働いております。
現在30代前半ですが今後のキャリアとして、ベンチャーへの転職を考えております。

転職を考える理由として、グループ会社あるある話ではありますが、役職者が親会社出身で占められており、昇格・昇給に限界があるということが挙げられます。

今後約30年というサラリーマン生活をする中で、このままで良いのかふと思い、もう少しリスクを取って給料や役職を狙っていった方がいいと考え、ベンチャーが相応しいのかなと考えました。
今と同等の企業規模へ転職したとしても、数年後に同じ様な事で転職を検討するようになると考えた為です。

ベンチャーといってもメガベンチャーではなく、上場寸前や大手企業の資本が入ったベンチャーを考えておりますが、ある程度の企業規模からベンチャーへ転身した方で、転職をして後悔はされていますでしょうか。
良かった点・悪かった点を教えていただけないでしょうか。

ユーザー名非公開

回答2

ユーザー名非公開1

ストックオプションやRSUがなければ魅力は感じないです...

続きをみる
ストックオプションやRSUがなければ魅力は感じないですね。ベンチャーの5年後生存率は15%程度なので、リスクと労力に見合ってほしいと思います。

例えばベンチャーで採用を任された場合、当日には現場と調...

続きをみる
例えばベンチャーで採用を任された場合、当日には現場と調整して採用要件を定義し、経営陣に採用コストを承認させる。翌日には、知り合いのエージェント会社や広告代理店、採用媒体に連絡する。orコネで候補者と会食する。採用時のチェックシート・スキルチェックを構築し、1週間後には採用・広告開始し、2週間後には採用決定、所属部署と調整し、入社決定まで一人でできる、といった実務上のスキルが要求されます。 1人で全て0からスキームを作れる万能さが必要です。 フリーランスとして独立できる程度のスキルが要求されます。 大企業とは要求されている分野が違うような気がします。 何かの参考になれば幸いです。
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料