エス・エム・エスの社員の年収ってそんなに高いの?【社員が答えます】の画像

エス・エム・エスの社員の年収ってそんなに高いの?【社員が答えます】

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収と社員の勤続年数は特に。医療・介護・アクティブシニアという3つの分野でビジネスを展開している株式会社エス・エム・エス。 株式会社エス・エム・エスの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

7917

はじめに

医療・介護・アクティブシニアという3つの分野で情報インフラとしてのさまざまなビジネス(キャリア、通販、コミュニティ等々)を展開している株式会社エス・エム・エス。

医療、介護領域での人材派遣や求人メディアが有名ですが、それ以外でも30を越えるビジネスを運営しています。

今回はエス・エム・エスの年収や勤続年数、業績などをご紹介します。

社員にエス・エム・エスの年収を聞いてみる

まずは、JobQ内にあるQAを見てみましょう!

20代男です、SMSに就職したいです。年収教えて下さい!

現在SMSに就職したいと思い色々と調べています。
ただ、実際に会社で働いていたり、過去にいらっしゃった方の生の声が聞ける場所がなく、お伺いしたいです。
もし、SMSで携わったことのある方がいましたら是非とも解答お願いしたいです。

SMSで新卒で働いていました。
一般水準よりも高いと思います。具体的には新卒で年収500万スタートでした。
明確なキャリアステップの要件が定義されており、成果しだいでどんどん昇格していくと入社当初は言われていました。
また、一年目は仕事の内容と比較してもとてもよい給与だと思いました。ただ、スキルアップは自分次第ですが、仕事内容が非常に単調で繰り返しのためあまり求めにくい会社だと思います。とはいえ、工数という言葉飛び交っている社内なので、仕事の進め方などは自然と工夫するようになると思います。 

ただ、評価制度ははっきりと言ってしっかりされておらず、昇給していく人間はごく限られた人数になります。
さらに言えば、SMSに中途採用で転職してきた人がどんどん昇給していくというイメージがあります。
実際に実績のある方がくるので、若手には厳しい環境ですね。

そういったこともあり、正社員は会社にしがみつくことが少なく、毎年独立のために退職されている方が多く見受けられます。


ということでした!

新卒の時点で年収500万円はすごいですね!更にキャリアステップもしっかりと制度として出来ているということですので、
やりがいを感じる方も多くなっていくでしょう。

ということで、有価証券報告書の情報についても見ていきましょう!

エス・エム・エスの平均年収・平均勤続年数は?

さっそくですが、平均年収、平均勤続年数、従業員数、平均年齢から見ていきましょう。

  2014年3月 2015年3月 2016年3月
平均年収 563万円 663万円 661万円
平均勤続年数 3.5年 2.4年 2.9年
平均年齢 32.2歳 33.1歳 32.8歳
従業員数 500名 224名 258名


過去3年間を平均してみると平均年収は約661万円と比較的高水準ですが、
2015年3月からはキャリア関連事業をエス・エム・エスキャリアとして分社化しており、比較的高年収な社員の割合が増えたことが理由のようです。

従業員が約半減しているのも、その分社が理由のようです。
グループ全体では、2015年3月が977名、2016年3月が1550名と急拡大しています。

2016年での573名の増加は、
MIMSグループの買収や看護師人材サービスの人員増加もあり、急拡大しているようです。

エス・エム・エスの業績推移

次に業績の推移を見てみましょう。

  2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 12,046 15,056 19,069
経常利益 2,340 2,693 3,509
当期純利益 1,380 1,824 2,265

(単位:百万円)


創業以来、12期連続の増収増益を達成しており、2016年3月では純利益で20億円以上の利益を生んでいます。

特に、2014年7月に発表した介護事業者向け経営支援SaaSのカイポケはマネーフォワード社との業務資本提携し生まれたサービス。

フランチャイズ戦略が非常にうまくいっているようで、
2016年3月期では単体で25億円の売上をあげており、また利益率の非常に高いサービスとして業績に大きく貢献しているようです。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

最後に

いかがだったでしょうか。

キャリア関連事業からスタートし、その中でカイポケという利益率の高い新規事業をうまく軌道に乗ってきています。

MIMSの買収により、海外展開も拡大しています。
既存のキャリア関連事業の成長から、カイポケ、そして海外展開と、次の中核事業への投資をおこなっており、国内新規事業もさらに加速させるそうです。

今後の市場拡大が大いに見込め、2015年から2025年ではキャリア関連事業だけで2倍の1060億円に成長すると言われています。
同じく、介護事業者向け経営支援の市場は、2025年で1530億円と、これまた大きなマーケットとなっています。

大きな市場なだけに、いかに拡大できるか、今後のSMSの動向に注目です。

※参考:株式会社エス・エム・エス 有価証券報告書

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー