ヤマダ電機の年収ってそんなに高いの?【分析しました!】の画像

ヤマダ電機の年収ってそんなに高いの?【分析しました!】

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。郊外型店舗で拡大してきた業界首位のヤマダ電機は近年、池袋、新宿など都市部での大型店舗『LABI』を積極展開しています。そんなヤマダ電機の年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

はじめに

ということで今回、紹介させていただくのはあの
気になる企業…"株式会社ヤマダ電機"です。

郊外型店舗で拡大してきた業界首位のヤマダ電機は
近年、池袋、新宿など都市部での大型店舗『LABI』を積極展開しています。

出店攻勢で業績を拡大してきたヤマダ電機ですが、
最近はライバルが激増しているということもあるので業績の悪化が目立っていますね。

業績を立て直すために戦略を抜本的に見直し、
訪日外国人客の需要などが見込める都市部を重視する方針に転換するためだと考えられます。

今回はそんなヤマダ電機の平均年収・平均勤続年数などをはじめとした企業情報を調べてみました!

平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数について

まずは平均年齢・平均勤続年数・平均年齢・従業員数です。

  2014年6月 2015年3月 2016年6月
平均年収(百万円) 396 421 401
平均勤続年数(年) 8.1 9.1 10.0
従業員数(人) 11,460 10,895 10,725
平均年齢(歳) 33.4 34.5 35.4

 

平均勤続年数や平均年齢が伸びたのにも関わらず、
平均年収が伸び悩んだことから大幅な給与カット、賞与カットがあったのかな?
ということが伺えますね。

やはり近年台頭しているアマゾン等のECサイトは強力なライバルだということでしょうか。

ヤマダ電機の業績推移について

  2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 1,893,971 1,664,370 1,612,735
経常利益又は経常損失 50,187 35,537 62,734
当期純利益又は当期純損失 18,666 9,340 30,395

(単位:百万円)

やはり、といったところでしょうか。売上が減少していますね。

電化製品はよく中国といったアジア諸国の旅行客に売れていますが、
近年の景気減退が見受けられた結果売り上げたかにも大きく反映されたということが予想できますね。

今後共、このままの戦略で進んでいくと、危険かもしれないですね。

ただ、いくらでも巻き返す方法、手段はあると思いますし
なんといっても東京オリンピックが待っています。

電化製品はオリンピックが始まる年が勝負だなんていうことをいいますし、
更には次回のオリンピックは東京だということで、
さらなる期待をもてることは間違いないでしょう!

※ 参考: 有価証券報告書

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー