ベクトルの平均年収や平均勤続年数を調べてみました【徹底分析】の画像

ベクトルの平均年収や平均勤続年数を調べてみました【徹底分析】

2014年11月に上場市場をマザーズから東証一部に変更した株式会社ベクトル。昨年にはサイバーエージェント・クラウドファンディングとの業務提携を発表しました。そんな株式会社ベクトルの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数は?

 ベクトルの平均年収は450万円を超えている

  2014年2月 2015年2月 2016年2月
平均年収 479万円 465万円 468万円
平均勤続年数 2.1年 2.5年 2.3年
平均年齢 29.2歳 29.0歳 28.6歳
従業員数 52人 71人 108人

 

2015年頃から平均年齢が年々減少、従業員数が増加している事から、
新卒採用を積極的に行っているように見受けられます。

新卒者が増えたからでしょうか?
それに伴い、少し平均年収も減少しています。

今後も従業員数が増加することが期待されることから、
平均年収は上昇するのは少しむずかしいかもしれないですね。

フェーズ的にも売上を給与に分散させるというよりかは、
事業に使いたいというのが本音でしょうし。難しいところです。
 

株式会社ベクトルの業績推移

続いては業績推移です。

売上は毎年順調に上昇!

  2013年2月 2014年2月 2015年2月
売上高 6,461 8,319 9,686
経常利益 910 1,187 1,507
当期純利益 511 659 842

(単位:百万円)


売上高、経常利益、当期純利益共に堅調な成長を見せています。
上場市場を変更した事で企業信用力が向上したのが一つの要因でしょう。

2014年ころからは新規事業としてネイティブアドサービスや動画リリースサービス、配信サービスなどにも手がけており、新領域への進出も積極的に行っています。

ベクトルグループは「いいモノを世の中に広める」という理念のもと更なるサービス展開が期待されます。
今後に注目していきましょう!

参考:株式会社ベクトル有価証券報告書

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー